【食育資格体験談8-3】薬膳の知識をいかして不妊体質を改善

薬膳インストラクターの学習項目の中に、不妊体質の改善という項目がありました。

 

私たち夫婦にとってとても重要な内容だったため、他のどの項目よりも時間を割いて学習し、徹底的に暗記した甲斐があったのかもしれません。

 

当初の目的だった、主人の体質改善よりも一生懸命勉強しました。

 

 

薬膳を学び始めてから、ふだんの食生活はもちろんのこと、生活習慣全体も見直すことが多くなりました。

 

妊娠にかぎらず、薬膳を学んだことで自分の人生がさらに充実したような満足感を感じました。

 

薬膳インストラクター資格取得講座のテキスト

 

一昨年無事に誕生した息子は、現在1歳3ヶ月を迎えました。そろそろ離乳食も卒業の時期を迎えます。

 

毎日の離乳食では、薬膳インストラクターで学習した知識を最大限に活かして食材を選択し、さまざまな食材を食べられるように工夫して調理しました。

 

その甲斐あってか、息子は食欲旺盛で毎日朝からモリモリ食べています。

 

 

今回薬膳インストラクターの講座を受講し、資格を取得することができましたが、資格を取って終わりとは思っていません。

 

薬膳の世界は本当に奥が深く、今後も子育ての傍ら学習を続けて行きたいと考えています。

 

 

毎日の食卓に薬膳の知識を活かすのはもちろんですが、将来的には薬膳インストラクターの資格を活かし、自宅などで薬膳料理の教室を開催するのが夢です。

 

あるいは、コミュニティセンターなどで薬膳の講座を担当したり、病院や老人保健施設などで薬膳の知識を活かした健康増進事業などに参加するのもいいかもしれません。

 

薬膳インストラクターの知識をいかして、人々の健康づくりのお役に立てるお仕事ができればと考えています。

 

 

薬膳というのはまだまだ一般的とは言えないので…

 

  • 興味はあるけど、薬膳ってすごく難しいんじゃないの?
  • 専門的すぎて、実際の食卓には活用できないんじゃないの?

 

こんなふうに考えている方も多いと思いかもしれないですね。

 

ですが、実際に学んでみると、その面白さにどんどん学びたくなることと思います。

 

 

特に食に興味がある方、健康的にダイエットしたい方、毎日をもっといきいき過ごしたいとお考えの方には、薬膳は最適な学びかと思います。

 

そして薬膳を実践してみると、自身の身体の不調が改善したり、毎朝すっきり起きられなかったのに、起きるのが楽しみになったり。

 

さらに、美味しく食べて綺麗になれたりと、毎日の変化が楽しみでしかたなくなるかもしれません。

 

 

生涯学習の一環として資格取得を目指しているなど、さまざまな動機があるかと思います。

 

どんな動機であれ、薬膳を学んで損することは決してありません。むしろ得をすることが多いと感じるはずです。

 

ぜひ薬膳の世界を楽しんで欲しいと思います。

 

 

少し前に食生活アドバイザーの資格を… ≫ 次のページへ

 

あわせて読みたい! 食育資格の入門講座

食育資格

【食育資格のすすめ】料理に自信のないあなたにピッタリの資格とは?
毎日がんばって料理してて、なんだかイヤになってしまうことってありませんか? そんな状況を変えるのに、食育の資格が役立つかもしれません。

食育資格

【食育資格】おすすめ14選!特徴・費用を一覧でスッキリ比較します
食育の資格にはいろんな種類があって、どれを選べばいいか迷ってしまうと思います。そこで、それぞれの資格をわかりやすく比較してみましょう。
TOPへ