【食育資格体験談4-2】管理栄養士の知識が子育てに役立っています

ただ、営業としてお客様のニーズを探ることや、よく話を聞くこと、コミュニケーション能力を高められたことなど、学んだことはたくさんありました。

 

今後、管理栄養士として活動していくうえでも役立つことだと思うので後悔はしていません。

 

 

現在は子育て中で、仕事から離れています。

 

子どもができてから、食事の大切さをあらためて感じます。母乳育児中の自分の栄養や、離乳食の栄養バランスなど、以前よりずっと食事に気をつかっています。

 

 

離乳食については、大学で得た知識と技術がとても役に立っていると思います。

 

離乳食は、子どもが生まれるまで触れる機会がないため普通なら戸惑いますが、大学の授業で学んだことがあるので、あまり気負いなく食事の準備ができました。

 

子どもの離乳食が進まなかったときの工夫の方法や、手づかみ食べ、スプーンの練習方法のさせかたの知識が役に立ちました。

 

 

最近は、子ども自身ができることが増えてきたので、いっしょに食事やおやつを作っています。

 

レタスやキャベツをちぎったり、小麦粉を練ったり、楽しんでやってくれているようです。

 

 

お外で遊べない日は、お友だちをあつめてイベントのように料理をしたりしています。

 

 

子どもって本当に興味深いものですね。

 

食品の名前を覚えるのが好きな子、ぐちゃぐちゃにこね回すのが好きな子、料理中に何でも食べてしまう子など、さまざまな子がいます。

 

ひとりひとりが楽しいと思うことを、好きなだけさせてあげて、食品や食事を好きになってくれたらいいなと思います。

 

 

私自身、知識も技術も低いので十分にできているとは言えないのですが、離乳食や子どもの食事についての相談にのったりもしました。

 

役立つ回答ができたかはわかりませんが、子どもの食事への悩みがすこしでも解消され、不安な気持ちが少しでもやわらいでいたらいいなと思います。

 

 

現在は、食育に興味があって、食育インストラクターの資格取得に向けて勉強をしています。

 

管理栄養士の試験勉強の復習になり、とても楽しく勉強しています。

 

 

食育インストラクターの勉強では、管理栄養士の試験勉強より日常生活に密着した知識を勉強することが多いです。

 

そのため、日々の買い物や料理のときにすぐに実践できて便利です。

 

ふだんの買い物のときに子どもに食品のマメ知識を伝えたり、実際に食品を見たり触ったりさせて、慣れ親しんでもらえるようにしています。

 

 

これから資格取得を目指す方は、とにかく… ≫ 次のページへ

 

あわせて読みたい! 食育資格の入門講座

食育資格

【食育資格のすすめ】料理に自信のないあなたにピッタリの資格とは?
毎日がんばって料理してて、なんだかイヤになってしまうことってありませんか? そんな状況を変えるのに、食育の資格が役立つかもしれません。

食育資格

【食育資格】おすすめ14選!特徴・費用を一覧でスッキリ比較します
食育の資格にはいろんな種類があって、どれを選べばいいか迷ってしまうと思います。そこで、それぞれの資格をわかりやすく比較してみましょう。
TOPへ