【食育資格体験談3-1】食事の大切さを伝えられる人間になりたい!

最初に食に関する資格を取ろうと思ったきっかけは、子どもができて、妊娠中の食生活や乳幼児期の食事の大切さを強く意識するようになったことからです。

 

もともと独身時代に中学校の家庭科教諭をしていましたが、結婚後は退職し、専業主婦をしていました。

 

仕事柄食事の大切さについては理解していたつもりです。

 

ですが、家庭科となると衣食住全般ですし、食は全ての源であるということを身をもって感じたのは、やはり自身の妊娠出産が大きかったです。

 

 

子育てをしながら食育関連の勉強会に出席したり、書籍を読んだりするように。

 

そのうちに自分の勉強したことを、もっとまわりの子育て中のお母さんたちに知ってほしいと思うようになりました。

 

しかし、元教員という肩書きだけでは、しょせん素人の話になってしまいます。

 

そこで、きちんと食事の大切さを伝えられる人間になるために、資格を取ろうと決意しました。

 

 

食の資格といっても、インターネット検索をしてみるとその種類はさまざまで、いろんな団体のいろんな名称の資格があるということを初めて知りました。

 

その中で今回、食育インストラクターの資格にしようと決めた理由のひとつは、主催している団体が大きく、信頼できそうだったということ。

 

もうひとつは食に関する国家資格等の取得者であれば、食育インストラクタープライマリーや食育インストラクター4級といった初級レベルのクラスを免除されるということ。

 

3級のクラスから受験できるのであれば挑戦してみたいと思いました。

 

 

食育に関する国家資格等、という範囲に該当する資格の例としては、次のようなものが当てはまるそうです。

 

  • 管理栄養士
  • 栄養士
  • 専門調理師
  • 調理技能士
  • 調理師
  • 家庭科教諭
  • 医師
  • 看護師
  • 介護士
  • 保育士
  • 薬剤師
  • 助産師
  • 小学校教諭

 

そのため、現在専業主婦をされている私のような方でも、大学時代や専門学校時代になんらかの資格を取得していれば、3級試験の受験資格を持っている方は意外と多いかもしれません。

 

もちろん、これらの資格を持たない方でも、一定の通信教育講座を修了すれば、3級受験資格を得られるとのことでした。

 

 

NPO法人食育インストラクター協会のサイトに、研修会の詳細と申し込み方法が記載されていたので、FAXで申し込み、研修会料金を振り込みました。

 

3級試験を受験するには、研修会を受講しなければならないのですが、その研修会のテキストは、研修会のひと月前になると自宅に送られてきます。

 

テキストを開くと、研修会は朝から夕方まで、1コマ90分の講座が3コマあり、その最後に筆記試験が行われると記載されていました。

 

 

試験内容は、このテキストと、当日の研修会の中から出題されるとも書かれていました。

 

さっそくテキスト見てみるとページ数は60ページ、3コマの講座に合わせて、3つの分野に分かれていました。

 

1つ目は食育総論、2つ目は食の伝承、3つ目は健康増進という講座です。

 

まずはひと通り読んでみようと、読み進めていきました。

 

 

1つ目の食育総論は食育の3つの… ≫ 次のページへ

 

TOPへ