【食育資格体験談11-1】食生活アドバイザーの勉強で困った部分

私はもともと大学の農学部を卒業しており、食生活を含め栄養や農産物に興味を持ちやすい環境にいました。

 

ただ大学となると、どうしても専門にかたよりすぎてしまうのも事実です。

 

就職するときに栄養に関して何も資格を持ってないのもどうかなと思い、食生活アドバイザー資格を取得しました。

 

食生活アドバイザー2級の資格者証

 

なぜ食生活アドバイザーだったのかというと、就職活動の際に「こんな資格があれば役立つかもよ」と就職先の方に言われたからです。

 

就職先は食品を扱う卸業者なので、食生活アドバイザーは社会でも求められている資格なのだとは思います。

 

 

勉強方法としては問題集を何度も勉強するという、いたってシンプルな方法で勉強しました。

 

大学の授業で栄養学や細菌関連、植物の保存方法についてはざっと勉強していたので、復習といった感じでした。

 

 

食生活アドバイザーの試験は3級と2級を併願して受けたのですが、2級はけっこう難しいと感じました。

 

それなりに大学では勉強していた方なのでよかったですが、いちから勉強するとなると2級は難易度が高いと思います。

 

3級で肩慣らし、その後2級に挑戦するのがいいのではないでしょうか。

 

 

私が食生活アドバイザーの勉強をしていて一番困った箇所は「食文化と食習慣」「食マーケット」の部分です。

 

どちらも学校ではきちんと学んだことがなく、ややこしい部分や取り違える部分が多かったので暗記に少々手間取りました。

 

他にも「社会生活」部分も少し苦手な分野があったので困りました。

 

 

勉強した期間としては1ヶ月前後だったと思います。1日の勉強時間は時間の取れるときに思いっきり3~4時間かけてやっていきました。

 

できたところは飛ばしつつ、できないところは何度でもやるというのが効率がいいと思います。

 

覚えるものはテキスト内の内容であれば高校の定期テスト全教科分と同じくらいなので何とか覚えられるはずです。

 

 

テキストは公式テキストを使うことをおすすめします。

 

私は食品衛生責任者の資格も持っているのですが、食生活アドバイザーとあまり範囲が重なっておらず驚きました。

 

食品衛生責任者の知識が食生活アドバイザーの中にまったくないわけではないのですが、食生活アドバイザーの方が範囲が広い感じです。

 

食文化なども地方の食生活文化と全国に共通する食文化には違いがあるので、自分自身の経験でカバーできるかな、と思っていると痛い目を見ます。

 

 

栄養に関しては大学の一部の授業と重なっている感じなので結構難しいと感じました。

 

こういった範囲は料理の専門学校や看護、栄養士でもあまり扱わない範囲だろうと思うので、他の資格を持っていて知識のある方も一度公式テキストは見ておくべきです。

 

 

テストのときにその年に入ったアレルギー表示の… ≫ 次のページへ

 

TOPへ