【食育資格体験談11-2】食生活アドバイザーの試験を受けました!

テストのときにその年に入ったアレルギー表示の項目についての法律問題が入っているのにはびっくりしました。

 

食品の時事も知らないと解けない問題もあるようです。

 

食生活や食品に興味を持ってふだんから情報収集していれば問題ありませんが、あまりニュースを読まない人は大変かもしれません。

 

食生活アドバイザーの公式テキスト

 

他の問題はテキストや過去問に近いものが出てきました。

 

文章のひっかけから確実に単語を覚えていないと解けないものなどさまざまなタイプがあるので注意して解いていくのが大切だと思います。

 

 

時間は割と余裕です。

 

記述問題もあるので単語を覚えるだけでなくて意味ごと丸々覚えるか、自分の言葉で解説できるようになるといいと思います。

 

自分の言葉で説明する覚え方が、個人的には覚えやすくておすすめです。

 

自分の言葉で説明すると応用力もつきます。

 

ただの丸暗記ではなくて、内容を細かくかみ砕いて理解するような勉強をしておくと、テストの後にもずっと役立つ知識が身につくと思います。

 

 

試験会場としてはトイレが大勢の受験者に対して1つしかなく、他の階のトイレに行くのが嫌でした。

 

テスト前にトイレに行こうと思って行くと試験の時間に間に合うかどうかの時間になってかなりあせりました。

 

何とか間に合いましたが、もう少し配慮してもらえないかと思いました。

 

 

試験会場の場所だけでなく試験会場自体を事前に調べておくのも大切かもしれません。

 

部屋の気温は夏を過ぎたころに受けましたが普通でした。ちゃんと冷房は効いているようです。

 

もちろん会場によるのでなんとも言えませんが基本的には空調は効いていると思います。

 

 

試験に合格したのは普通にうれしかったです。

 

就職手前だったこともあり、次に挑戦するとなると働きながら勉強時間と試験を受ける時間をつくるという状況だったので特に。

 

とはいえ、なぜか忙しい時期に合格通知が来たので喜び損ねた感はあります…

 

 

食生活アドバイザーの資格が就職先で役にたったのは、部長や課長と流通や食品管理について話すときです。

 

あと、お客様に実際に食品を試食してもらうときにも役立ちました。

 

少なくともてきとうな試食を行うようなことをしようとしていたら止めましたし、自分もかなり気をつけていました。

 

メーカーの人の品質の話からどのくらいこのメーカーが衛生管理を気にしているかを推察できるのも役にたっているひとつだと思います。

 

 

SNSやブログで文章を書くときにも、食生活アドバイザーの資格が役立っています。

 

食生活に関して文章を書くときに、テーマに合わせてどこを調べればいいか、どのような内容を求められているかを的確に把握できるからです。

 

 

私生活で役立っているのは健康食品のセールスにだまされないことでしょうか。

 

今はひとり暮らしなので、だれかに食事を作ってあげるという機会がなかなかありません。

 

そのため今のところは家族の食生活を守るといった役立ち方はしていません。

 

 

今後はちょうど食生活に関する文章や… ≫ 次のページへ

 

あわせて読みたい! 食育資格の入門講座

食育資格

【食育資格のすすめ】料理に自信のないあなたにピッタリの資格とは?
毎日がんばって料理してて、なんだかイヤになってしまうことってありませんか? そんな状況を変えるのに、食育の資格が役立つかもしれません。

食育資格

【食育資格】おすすめ14選!特徴・費用を一覧でスッキリ比較します
食育の資格にはいろんな種類があって、どれを選べばいいか迷ってしまうと思います。そこで、それぞれの資格をわかりやすく比較してみましょう。
TOPへ