【食育資格Q&A】資格をとったら年会費とか発生するのでしょうか?

結論から言えば、ほとんどの食育資格が「年会費なし」です。

 

人気のある食育インストラクターも、食育アドバイザーも、食生活アドバイザーも、年会費は発生しません。

 

一回合格してしまえば、その資格に有効期限はないので安心してください。

 

 

一方で、年会費が発生する食育資格もあります。

 

代表的なのは・・・

 

フードアナリストは年会費が発生する食育資格

 

年会費が発生する食関連の資格で代表的なのが「フードアナリスト」です。

 

こちら、毎年1万円程度の年会費を支払う必要があります。

 

 

私たちからすると、年会費無料のほうがありがたいですが、年会費が発生する食育資格にもメリットはあります。

 

まず、年会費を払ってでも「フードアナリスト」という名称を使いたいという、意識の高い人だけが会員になっているというところ。

 

つまり、ほんとのプロだけが約1万円の年会費を払い続けるので、「フードアナリスト」という名称に大きな価値があるわけです。

 

 

あとは、年会費を払うことで、運営団体の経営が安定するというのも見逃せないポイント。

 

食育資格にかぎった話ではなく、世の中にはいろいろな民間資格があります。

 

それらは人気がなくなって受験者が減ってしまうと経営が成り立たなくなり、いつの間にか消滅してしまうケースもあるわけです。

 

 

運営団体がなくなってしまったら、せっかくがんばって取得した資格も意味がなくなってしまいます。

 

もちろん、学んだ知識はムダではないですが、資格名を履歴書やプロフィールに書けなくなってしまうわけです。

 

 

そういう意味で、年会費が発生するからといってダメな資格ということではありません。

 

飲食業界でプロとして差別化したいという人にとっては、むしろ年会費が発生する食育資格を狙うのもありだと思います。

 

 

とはいえ・・・

 

最初は年会費の発生しない食育資格がいいのでは?

 

一般の主婦の方とかだと、年会費1万円を払い続ける資格にはメリットはないでしょう。

 

むしろ、年会費の発生しない食育アドバイザーのような普通の食育資格のほうがメリットが大きいと思います。

 

 

ちなみに、先ほど「運営団体がなくなる」ことがあるという話をしましたが、そういう意味ではやはり「人気のある食育資格」を取得しておいたほうが無難です。

 

あまり聞いたことがないような資格を選ぶと後悔することもあるので、最初に取得する食育資格は知名度のあるものを選んでください。

TOPへ