【食育資格Q&A】就職・転職に役立つ食関係の資格はどれですか?

食育資格は就職・転職を考えている人にもおすすめできる資格です。

 

とはいえ、履歴書に「食育アドバイザー」などと書いただけでは、就職・転職にすごく有利になるわけでもないかもしれません。

 

 

人事担当者によっては「おっ!」と思ってくれるかもしれませんが、特に何も思わないかもしれません。

 

食育の資格を持っている & こんなことができます!

 

結局のところ、「資格を持っている」ことが重要なのではなくて、「実際にどのような知識・スキルを持っているか」が問われるのではないでしょうか。

 

なので・・・

 

「私は食育アドバイザーの資格を持っています」

「なぜ食育アドバイザーの資格を取ったかというと、この業界で働くための基礎知識をきちんとつけておきたかったからです」

「食育アドバイザーの資格を取得したことで、私は○○や○○ができるようになりました」

「今後さらに、食育アドバイザーとしての知識を活かして、働きながら○○や○○の技術も磨いていきたいと考えています」

「私は御社に貢献できる人材であり続けられるように、常にスキルアップを目指していきます」

 

こういったことを自信を持ってアピールできるように準備をしておくことが大切ですね。

 

 

ということを踏まえると・・・

 

まずは食育の幅広い知識から!

 

まずは「食に関する幅広い知識」を持っていることが必要でしょう。

 

たとえば、食育アドバイザー食生活アドバイザーのような、食育全般をカバーする資格を持っておくといいでしょう。

 

 

そのうえで、これから就職・転職しようと思っている業界にピッタリ合う資格を持っておくといいかもしれません。

 

たとえば、介護施設で働くのであれば、介護食アドバイザーの資格も合わせて取っておくといった具合です。

 

就職・転職に有利な食育の資格は自分で判断できる

 

いずれにしても、「就職・転職に役立つ食育資格」というのは、ひとりひとり違っていてケース・バイ・ケースとしか言えません。

 

もし、あなたにピッタリの「就職・転職に役立つ食育資格」が自分で判断できないということであれば、それは今のあなたがまだまだ知識不足だからでしょう。

 

 

まずは、食について基礎から学べる食育アドバイザーあたりから挑戦してみてください。

 

そうやって一定レベル以上の基礎知識がついてくると、今のあなたに本当に必要な食育資格が何かが自分で判断できるようになってきます。

TOPへ