【食育資格Q&A】これとあれ、どちらの食育資格がいいですか?

お問い合わせの多い質問のひとつに、「食育○○と食育△△はどちらを選べばいいですか?」というものがあります。

 

なかでも、「食育インストラクター」「食育アドバイザー」について、どっちがいいですかと聞かれることが多いです。

 

 

食育インストラクターも食生活アドバイザーも、どちらも大変人気のある資格です。

 

運営団体もしっかりしているので、どちらが優れているといったような比較のしかたはナンセンスといっていいでしょう。

 

 

では、どのような基準で選べばいいかというと、「ステップアップを前提とするかどうか」を考えてみるといいかもしれません。

 

つまり、資格試験に合格して終わりか、次のレベル次のレベルとステップアップしていくかの違いです。

 

食育インストラクターには5段階のレベルがある

 

食育インストラクターの資格は、次のような5段階のレベルが設定されています。

 

 

まったくの初心者が最初に挑戦するのは、一番下のレベルの「食育インストラクタープライマリー」になります。

 

プライマリー(primary)というのは、「最初の、基礎の」といった意味の英語です。

 

食育に関する基礎の基礎を学べるコースが「食育インストラクタープライマリー」というわけです。

 

 

食育インストラクターの資格に挑戦するのであれば、プライマリーで終わってしまうのはもったいないです。

 

日常生活に活かすにしても、プライマリーで学べる知識だけではまだまだスタート地点に立ったにすぎないからです。

 

できれば3級くらいまでは一気に目指すつもりで学ばれることをおすすめします。

 

食育インストラクタープライマリーの資格者証

 

そこからさらに、プロの「インストラクター」として働きたいのであれば、2級、1級と目指していくのがいいでしょう。

 

そこまでのレベルをクリアできれば、履歴書に堂々と書くことができます。

 

食育アドバイザーは短期間で日常生活に役立つレベルが学べる

 

一方の食育アドバイザーには、「○級」といったレベル設定はありません。

 

一回学んで、一回試験に合格すれば、シンプルに「食育アドバイザー」の称号が与えられます。

 

食育アドバイザーの資格者証

 

なので、子育て中の主婦の方が、空き時間の有効活用として、日常生活に役立つ資格を取りたいといったニーズにピッタリです。

 

あるいは、まず食育アドバイザーで食に関する幅広い知識を学んで、そこから「将来何をしたいのか?」を考えるきっかけにするのもいいですね。

 

 

ということで結論ですが、「食育について短期間で学んでみたい」という人には食育アドバイザーがいいかもしれません。

 

一方で、「何年かかけてじっくりとスキルアップしていきたい」という人には食育インストラクターがいいと思います。

 

いずれにしても、決めるのはあなた自身です。資料を取り寄せるなどして自分で比較してみるのが大切ですね。

 

TOPへ