【おすすめの食育資格】野菜コーディネーター

 

野菜コーディネーターという資格は、140種類以上の野菜・くだものについて、専門的な知識を持つことを示す資格です。

 

スーパーで野菜を選ぶときのポイントは? 買ってきた野菜はどうやって保存する? 栄養をしっかり摂るための調理方法は?

 

こういった野菜に関するあれこれについて、毎日の料理づくりに役立てたり、他の人に教えてあげたりできる専門家が野菜コーディネーターです。

 

 

野菜コーディネーターとはどのようなものか、ここからくわしく見ていきましょう。

 

 

野菜コーディネーターとは?

 

野菜コーディネーターの資格をとるには、指定の通信講座で、次の5部構成のカリキュラムを修了する必要があります。

 

1.野菜・果物に関する基礎知識 野菜や果物について知っておくべき基礎知識など
2.食材の特徴(野菜編) それぞれの野菜の栄養素、旬の時期や美味しくいただくコツなど
3.食材の特徴(果物、その他の食材編) それぞれの食材の栄養素、旬の時期や美味しくいただくコツなど
4.野菜ではじめるエコライフ 残った野菜の有効活用のしかた、野菜の育て方など
5.栄養満点健康レシピ 栄養を最大限にとれるレシピ、ダイエット・美肌・便秘改善などの目的別のレシピなど

 

野菜コーディネーターは、その名の通り、野菜・果物にくわしい専門家です。

 

毎日の料理で野菜を使いこなせるのはもちろんのこと…

 

近所のママ友だとか、お仕事でお客様相手に野菜の正しい調理方法などをアドバイスできる専門家としての資格です。

 

 

野菜は種類が多いですし、それぞれの野菜に含まれる栄養素もさまざま。

 

しかも、保存方法や調理のしかたによっては、せっかくの栄養素が台無しになってしまうなど、じつは取り扱いの難しい食材だったりします。

 

 

そのため、よくわからないまま自己流で料理している人ばかりなのですが…

 

だからこそ野菜・果物について適切なアドバイスのできる専門家が求められているという背景があります。

 

 

野菜コーディネーターの資格は何に役立つ?

 

もしも「もっと料理が上手になりたい!」と思っているなら、安心してください。

 

野菜コーディネーターの資格を取れば、いろんな野菜を使って、いろんな料理をつくれるようになります。

 

いままで買ったことのない野菜を自信を持って使えるようになりますし、栄養を逃さずに、一番美味しく調理する方法もしっかり身につきます。

 

野菜本来の味を引き出せれば、料理の腕前がレベルアップするのは間違いありません。

 

野菜コーディネーターの教材一式

 

もしも「料理を教えられるようになりたい!」と思っているなら、それも大丈夫です。

 

料理は「主食・主菜・副菜」のバランスが重要になりますが、野菜コーディネーターの資格をとれば、あなたは「副菜」のプロになれます。

 

主菜(肉・魚などのタンパク質系の料理)について教えられる人は多いですが、副菜(野菜などのビタミン・ミネラル系の料理)について専門的に教えられる人は多くありません。

 

つまり、野菜コーディネーターの資格をとれば、それは間違いなくあなたの強みになるでしょう。

 

 

野菜コーディネーターの資格は履歴書に書けますか?

 

野菜コーディネーターの資格は、もちろん履歴書に書くことができます。

 

むしろ、これから就職・転職するのであれば、履歴書にしっかり書いておくべきでしょう。

 

もちろん、野菜コーディネーターの資格は国家資格ではないので、履歴書に書いたからといって「即採用!」とはならないかもしれません。

 

ですが、野菜・果物に関する専門的な知識を使って自分をアピールすれば、何かしらのプラス評価につながるはずです。

 

たとえば・・・

 

 

あなたがこれから「食」とはまったく無縁の業界に就職するとしましょう。

 

一見、野菜コーディネーターの資格は役に立たないような気がしますよね。

 

ですが、たとえば営業のお仕事をするとして…

 

取引先の担当者が疲れてる様子なら、「○○という野菜を食べると○○という栄養素がたっぷりとれて、疲れに効果的ですよ」といった気の利いた雑談ができます。

 

他の営業マンにはできない、相手の心に刺さるような雑談ができるわけです。当然、営業成績もアップするでしょう。

 

そういったところをアピールすればいいわけです。

 

 

もちろん、「食」に関連する業界なら、野菜コーディネーターの資格はアピールポイントとして申し分ありません。

 

ぜひぜひ、履歴書に自信を持って「野菜コーディネーター」と書くようにしてください。

 

 

野菜コーディネーターの資格でできる仕事は?

 

先ほども少し触れましたが、野菜コーディネーターの資格は国家資格ではないので、何か特定の仕事につけるというわけではありません。

 

ですが、逆に考えれば、アピールのしかたしだいで、どんな仕事にでも応用できるとも言えそうです。

 

野菜コーディネーターの梱包物確認の資料

 

そもそも「野菜」というのは、みんな毎日食べてるものですし、健康を左右する超重要な食べ物です。

 

人はだれしも自分の健康に興味・関心があるものなので、「野菜」という切り口で健康を語れる人材はとても貴重です。

 

さらに言えば、野菜は地球環境とか、エコロジーとか、農業とか、社会的テーマにもつながるものだったりします。

 

視野をどんどん広げて考えていけば、野菜コーディネーターという資格はどんな仕事にでも応用できる素晴らしい資格と言っていいでしょう。

 

 

野菜コーディネーターと野菜スペシャリストの違いは? どっちがいい?

 

野菜コーディネーターに似た資格で、野菜スペシャリストという資格もあります。

 

知名度的には野菜スペシャリストのほうがやや上かもしれませんが、どちらも人気のある資格です。

 

これら2つの違いをひとことで言うなら、次のような感じでしょうか。

 

  • 野菜コーディネーターは「ナチュラルフード系」
  • 野菜スペシャリストは「食育系」

 

まず、後者の野菜スペシャリストですが、これは食生活アドバイザーと同じ団体が認定している資格です。

 

そのためかどうかわかりませんが、食育を広く意識しつつ、野菜・果物を深く掘り下げるような構成になっています。

 

一方で・・・

 

 

このページで紹介している野菜コーディネーターは、ホールフード(まるごと食べるといった意味)や発酵食を推進している団体です。

 

イメージとしては、ナチュラルフードとしての野菜・果物の活用を意識したような構成になってるように思います。

 

 

…と、両者の違いを無理やり考えてみましたが、どちらの資格も本質的な違いはありません。

 

どちらも野菜についてまじめに取り組む資格です。どっちが良くてどっちが悪いといった話はナンセンスです。

 

 

大切なのは、あなた自身が、あなたのニーズやフィーリングに合う方を選ぶことではないでしょうか?

 

なので、まずは資料を取り寄せてみて(無料で送ってもらえます)、じっくり比較してみてください。

 

そうすれば、あなたに合った資格を自分で選べるはずです。

 

 

野菜コーディネーターになるには? 独学で取得できますか?

 

野菜コーディネーターになるには、資格を認定する団体(一般社団法人ホールフード協会)が監修している通信講座を受ける必要があります。

 

その通信講座のカリキュラムをすべて終わらせたら、野菜コーディネーターの試験を受ける資格が与えられるというわけです。

 

なので、たとえばAmazonでテキストを買って独学するといった勉強方法では野菜コーディネーターの資格をとることはできません。

 

ちなみに・・・

 

野菜コーディネーターのテキストの中身

 

通信講座のいいところは、1ヶ月に1回くらいのペースで課題を提出するようになっているところです。

 

課題を提出するためにがんばって勉強せざるをえないため、独学するよりモチベーションを維持しやすいわけです。

 

野菜コーディネーターの通信講座も全部で4回の課題提出があるので、約4ヶ月かけて、楽しみながら勉強してみてください。

 

 

野菜コーディネーターの資格の口コミ・評判は?

 

野菜コーディネーターの口コミ・評判をいろいろ調べてみましたが、どちらかというと「取得してよかった!」といったプラス評価なものが多いように感じました。

 

たとえば、ラジオDJさんが、野菜コーディネーターの試験に合格した喜びをツイッターでつぶやいていました。

 

 

野菜コーディネーターのような資格を取って、正確な情報をリスナーさんに届けたいということなのでしょう。

 

情報発信する人としての心構えがしっかりしてるなと思います。

 

 

他にも・・・

 

 

普段の料理を適当に行うのではなくて、栄養素もちゃんとわかったうえで料理したいということなのでしょう。

 

学んだ知識を「伝えていきたい」というのも、とても大切なことですよね。

 

 

もし、あなたが野菜コーディネーターの資格をとったら、どんなふうに資格を活用していきたいですか?

 

なんだかいろんなことができそうで、ワクワクしてきますよね。

 

 

野菜コーディネーターの資格を持っている芸能人はいますか?

 

たとえば、元グラビアタレントの高橋○江さんなどは、ブログやツイッターで「野菜コーディネーターの資格持ってる」と公言されてますが…

 

おそらく他にもチラホラいらっしゃるとは思うのですが、残念ながら正確なデータが手元にありません。

 

ちなみに・・・

 

 

野菜スペシャリストなら、女優の吉瀬○智子さんが取得されたことで話題になったことがあります。

 

いずれにしても、たとえ芸能人であっても、プライベートなことはあまり公表しないのが普通かもしれないですね。

 

 

野菜コーディネーターの試験の難易度は? 合格率は?

 

野菜コーディネーターの試験は、どちらかというと難易度低めです。

 

なぜ難易度が低めなのかというと、在宅試験なので、テキストやDVDを見ながら試験を受けられるからです。

 

もちろん、まったく勉強してない人にとっては、たとえテキストを見ながらでも正解するのは難しいかもしれません。

 

ですが、全部で4回の添削課題を無事にクリアしてきたあなたなら、間違いなく一発合格できるでしょう。

 

 

野菜コーディネーターの試験は、それまでに勉強してきたことの「総復習」みたいな感じのものです。

 

新しいことをまなぶときは、何度か復習することで知識がしっかり定着していきます。

 

なので、最後に受ける試験はちょうどいい復習の機会になりますね。

 

 

野菜コーディネーターの資格を取るのに費用はいくらかかる?

 

野菜コーディネーターの資格は、通信講座を受けて取得します。受講料は38,700円です。

 

これは通信講座を運営するがくぶんに払う費用です。

 

あと、修了証や認定証を発行してもらう場合には各6千円、認定カードを発行してもらう場合には3千円必要です。

 

これは資格を認定するホールフード協会に払う費用です。

 

こういった費用はどの資格をとる場合にも(食育資格にかぎらず)発生する費用なので、しかたのないところかなと思います。

 

逆に考えると・・・

 

 

それなりの費用を支払うからこそ、その資格には価値があると言ってもいいでしょう。

 

もし無料の資格があったとして、そういった資格を持ってても自慢できないですよね。

 

だれもすごいとは思ってくれないはずです。

 

 

資格取得にかかる費用は大切な自己投資。絶対にムダにはなりません。

 

 

野菜コーディネーターについてまとめ

資格名称 野菜コーディネーター
認定団体 一般社団法人ホールフード協会
受験資格 特になし
試験時期 いつでも受験可能
受験形態 在宅試験
講座

がくぶんの通信講座
標準学習期間:4ヶ月
受講費用:38,700円(分割3,400円×12回)

 

\CHECK IT NOW/

通信講座の資料はこちら


あわせて読みたい! 食育資格の入門講座

食育資格

【食育資格のすすめ】料理に自信のないあなたにピッタリの資格とは?
毎日がんばって料理してて、なんだかイヤになってしまうことってありませんか? そんな状況を変えるのに、食育の資格が役立つかもしれません。

食育資格

【食育資格】おすすめ14選!特徴・費用を一覧でスッキリ比較します
食育の資格にはいろんな種類があって、どれを選べばいいか迷ってしまうと思います。そこで、それぞれの資格をわかりやすく比較してみましょう。
TOPへ