食育関連の国家資格「調理師」

調理師

説明・解説

備考

資格の概要

▼資格の名称・級
「調理師」

 

▼資格の概要
調理師法に基づいて、「調理師」を名乗って業務を行うことができる人物を認定する資格です。調理師の資格がないとできない業務というのはありませんが、名称独占資格ですので、「調理師」を名乗れるのは調理師の資格を持っている人だけです。

 

▼対象とする人
現在、食に関わるお仕事などをしていて、食の専門家としてステップアップしたいと思っている人

 

▼メリット
就職・転職等でとても有利です。

 

資格認定団体

厚生労働大臣

 

受験資格

中学校卒業以上で、2年以上の実務経験が必要になります。

 

※以下のような職場での実務経験です。
・飲食店
・惣菜製造業
・魚介類販売業
・学校、病院、寮等の給食施設

 

学習範囲

・食文化概論
・栄養学
・食品学
・調理理論
・衛生法規
・公衆衛生学
・食品衛生学

 

資格取得
までの流れ

・通信講座で学習(※約6ヶ月間)

・カリキュラム修了

・調理師試験(※マークシート式)

・合格したら各都道府県に申請

▼通信講座を利用することは必須条件ではありません。

 

▼教育訓練給付制度が利用できます。(※学費の20%が支給される制度)

費用

▼講座運営者に支払う費用
 通信講座:44,000円

 

▼資格試験実施者に支払う費用
 受験料:6,300円

 

▼資格認定者に支払う費用
 申請費用:5,600円

 

▼合計:55,900円

 

 

 

 

 

※資料はもちろん無料です。
※無理やり入会させられることはありません。
※資料を見るだけでも勉強になりますよ!