おすすめの食育資格「上級食育指導士」

 

総合評価:72点

 

上級食育指導士は、食育アドバイザーの上位資格になります。食育指導の講師を目指すなら、ぜひ取得しておきたい資格です。

 

こんな人におすすめ!
  • ワンランク上の資格が欲しい人
  • すでに食育関連の仕事をしている人
  • 食育関連の指導者を目指している人
  • 学校・保育業界で働いている人
  • 就職・転職で役立つ資格が欲しい人

 

 

 

 

点数

評価・解説

初心者対応

8点/20点

すでにある程度の知識を持っている方が、ワンランク上を目指して取得する資格です。初心者の方には、他の初級資格を先に取得することをおすすめします。

人気

12点/20点

初心者がいきなり挑戦する資格ではありませんが、食育アドバイザーレベルの資格を取得したら、ぜひ挑戦してみてください。

実践・応用

16点/20点

実際に食育活動をする際の、活動準備・集客方法などもカリキュラムに組まれています。資格取得後に、自分で実践してみて、スキルアップしていきましょう。

就職・転職

20点/20点

上級資格ですし、履歴書に書いてアピールすることも可能です。資格取得後に、専属のキャリアコーディネーターによる、就・転職サポートも利用できます。

費用

16点/20点

通信講座費用と受験料で5万円程度です。他の食育資格と比較して、標準的な費用で取得することができます。ステップアップのために、ぜひ挑戦してみてください。

 

 

 

 

説明・解説

備考

資格の概要

▼資格の名称・級
「上級食育指導士」

 

▼資格の概要
食事バランスガイドの使い方に習熟して、栄養バランスのいい食育メニューを提案できる能力があるかどうかを重視した資格です。

 

▼対象とする人
食育に興味がある人ならだれでも挑戦することができます。

 

▼メリット
「上級食育指導士」を名乗って、食育指導や情報発信をすることができます。

▼中級〜上級レベル

 

▼初心者でも挑戦できますが、同協会の「食育アドバイザー」レベルの知識があった方がよいと思われます。

資格認定団体

一般財団法人日本能力開発推進協会
通称「JADP」

 

受験資格

・受験資格は特にありません。
・指定の通信講座のカリキュラムを修了した後に、認定試験を受ける流れになります。

 

学習範囲

・食育の目的
・安全で美味しい食材の目利き術
・食に潜む危険の見抜き方
・実際の食育活動をするための準備
・集客方法

▼同協会の「食育アドバイザー」より上位の資格で、より実践的な内容を含む。

資格取得
までの流れ

・通信講座で学習(※約3ヶ月間)

・カリキュラム修了の認定(※受験資格)

・資格試験を受験(※随時、在宅試験)

・資格認定「上級食育指導士」

▼指定の通信講座で、全カリキュラムを終了することが、受験資格になります。

費用

▼講座運営者に支払う費用
 通信講座:49,680円(※通常価格)

 

▼資格認定者に支払う費用
 受験料:3,600円

 

▼合計:53,280円

▼分割払いも可能

 

 

 

 

※資料はもちろん無料です。
※無理やり入会させられることはありません。
※資料を見るだけでも勉強になりますよ!

 

 

TOPへ