【おすすめの食育資格】食育メニュープランナー

 

食育メニュープランナーとは、食育について正しい知識を持っていて、日々の料理づくりで食育の知識をいかしたメニューを提案できる人に与えられる資格です。

 

ようするに、「一汁三菜の献立を考えるスペシャリスト」といったイメージでしょうか。

 

 

ということで、このページでは、食育メニュープランナーについて解説します。

 

 

食育メニュープランナーとは?

 

食育メニュープランナーの資格は、認定団体が指定する通信講座を受講することで取得できます。

 

その通信講座のテキストは次の5部構成です。

 

1.食べたものが「私」になるまで 食べ物が栄養になるメカニズム、健康的なカラダづくりの基礎知識など
2.食べ方を考えてみよう 医食同源の考え方、ライフステージに合わせた栄養のとり方など
3.食育メニューの作り方 一汁三菜の献立づくり、食材の使い方、アレンジ方法など
4.食べ物を大切にしよう 食品ロスの削減、正しい食材の選び方、一物全体食の考え方など
5.食を伝える 地産地消の取り組み、郷土料理の知識、次世代に伝えたい食関連トピックなど

 

食育メニュープランナーのメインとなるのは「3.食育メニューの作り方」です。

 

カリキュラムの最初で食育の基礎知識を学んで、その知識をいかしたメニューづくりを学びます。

 

自分で食育メニューをつくれるようになったところで、さらに食育活動のやり方まで学ぶことができるカリキュラムになっています。

 

食育メニュープランナーのテキスト中身

 

つまり、食育メニュープランナーというのは・・・

 

  • 食育の知識を日々の献立づくりに活かせる
  • 他の人にも食育について教えることができる

 

このような人材であることを示す資格ということになります。

 

 

食育メニュープランナーはどういった人に向いている資格ですか?

 

食育メニュープランナーは「一汁三菜」のバランスの取れた献立づくりができるスペシャリストに与えられる資格です。

 

ただ単においしい料理をつくるのではなくて、毎日の料理づくりを通じて「家族の健康維持」に役立てることを目的としています。

 

つまり・・・

 

 

食育メニュープランナーの資格が向いてるのは、「家族の健康」に食育を役立てたいと思っている人です。

 

たとえば、お子さんに毎日お弁当を作っているお母さんとか、食事が不規則になりがちな旦那さんの健康管理に役立てたいとか…

 

他にも、毎日料理をつくってるけど、これでほんとにいいのかどうか自信のない方にも向いている資格といえるでしょう。

 

 

食育メニュープランナーの資格があるとどういった仕事をできますか?

 

食育メニュープランナーは「一汁三菜の食育メニュー」を提案できる専門家です。

 

なので、お仕事に活用したいのであれば、「メニューを考案するお仕事」で資格の強みをいかせるでしょう。

 

たとえば・・・

 

 

飲食店やホテルのマネージャー的な立場で、季節に合わせたキャンペーンメニューを提案するお仕事とか…

 

あるいは、食材メーカーにお勤めの方なら、自社の食材を使った健康メニューをお客様向けに紹介するとか…

 

あるいは、料理コンサルタントみたいなお仕事をするのにも役立ちますよね。

 

 

あるいはスーパーのパートで接客するお仕事をされてるなら、売り場の食材を使って「食育メニューフェア」みたいなのを企画するのも楽しそうです。

 

アイデアしだいで、いろんな場面で活用できそうですね。

 

 

食育メニュープランナーの資格は日常生活でどのように役立ちますか?

 

毎日の食事づくりで「何をつくろうかな?」と悩んだ経験がだれにでもあると思います。

 

そんな悩みを解決できるかもしれないのが、食育メニュープランナーの資格です。

 

 

食育メニュープランナーは、「食育メニュー」を「プランニング(計画を立てる、立案する)する人」であることを示す資格です。

 

つまり、ひとりひとりの健康状態を考えて、手元にある(あるいは買ってきた)食材を使った最適なメニューを提案できる能力を示す資格なんです。

 

お子さんの健やかな成長のために、旦那さまの健康管理のために、そしてあなた自身の美容と健康のために。

 

食育メニュープランナーの資格を取得すれば、目的に合わせて最適な料理を作れるようになるでしょう。

 

 

食育メニュープランナーは履歴書に書けますか? 就職・転職に有利ですか?

 

食育メニュープランナーの資格は、もちろん履歴書に書くことができます。

 

食育メニューの献立づくりのスキルが役立ちそうな職場の面接を受けるなら、ぜひ履歴書に書いてみてください。

 

 

ちなみに、食育メニュープランナーのいいところのひとつが、「食育メニュープランナー」という名前がわかりやすいところ。

 

履歴書を見た人事担当者は「なるほど、食育の知識をいかしたメニューづくりが得意なんですね?」と、すぐにわかってくれるはずです。

 

もしかすると「食育メニューとはどんなものなんですか?」といった質問をされるかもしれません。

 

そのときは、食育メニューの基本について教えてあげたり、毎日の料理でどんなものを作っているか話せば、「ぜひあなたを採用したい!」となるかもしれないですね。

 

 

食育メニュープランナーと食育実践プランナーの違いは何ですか?

 

食育メニュープランナーも食育実践プランナーも、ご家庭で料理をする主婦(主夫)にピッタリの資格です。

 

どちらも「プランナー(計画する人、立案する人)」という言葉がついているので、自分自身が作業する人向けと考えていいでしょう。

 

 

ちなみに、プランナー以外には次のようなものをよく見かけます。

 

  • アドバイザー ・・・ アドバイスする人
  • インストラクター ・・・ 指導者
  • コーディネーター ・・・ 調整する人
  • プランナー ・・・ 計画する人

 

プランナー以外は、「第三者を相手にする」ようなイメージの言葉です。

 

一方で、プランナーという言葉からは、「自分で計画して自分で実行する」ようなニュアンスがあるように思います。

 

 

では、食育メニュープランナーと食育実践プランナーの違いは何かというと、扱う範囲の広さでしょうか。

 

「食育メニュー」に絞って学びたいなら食育メニュープランナー、「食育全般」を広く学びたいなら食育実践プランナーと考えるといいかもしれません。

 

 

食育メニュープランナーの口コミ・評判はどうですか?

 

食育メニュープランナーの口コミはあまり多くはないのですが、とても熱心に活動されてる方がチラホラいらっしゃいます。

 

たとえば、食育メニュープランナーの肩書で情報発信されてる方もいらっしゃるみたいですね。

 

 

 

フリーペーパーを発行したり、ブログやSNSで情報発信したり、そこから集客・収益化といった展開もできそうに思います。

 

 

ちなみに、食育メニュープランナーにかぎらず、こういった資格っていうのは、ある意味「名乗ったもの勝ち」とったところもあるかもしれません。

 

せっかく資格をとったなら、SNSのプロフィール欄にしっかり書いてしまいましょう。

 

そして、「食育メニュープランナーとして○○をやってみました」といった専門家っぽい情報発信をすると説得力がアップしますね。

 

 

食育メニュープランナーの資格を取るにはどうすればいいですか?

 

食育メニュープランナーの資格を取るには、資格の認定団体(NPO法人みんなの食育)が指定する通信講座を受ける必要があります

 

この通信講座は、ヒューマンアカデミーたのまなが窓口になっていますが、テキストの監修や課題の添削などは「みんなの食育」が担当しているそうです。

 

食育メニュープランナーの実践レシピ集の中身

 

食育メニュープランナーの通信講座には、学習期間中に4回の添削課題提出があります。

 

この添削課題には毎回ABCDの4段階で判定されて、すべての課題でC判定以上の評価をもらえたら「資格認定」となります。

 

つまり、他の食育資格とは違って、最後の資格試験というものがありません。

 

添削課題をひとつひとつ丁寧にやっていけば、そのまま食育メニュープランナーの資格がもらえるというわけです。

 

試験を受けなくていいですし、添削課題もC判定以上でいいので、資格を取るのはぜんぜん難しくないと言っていいでしょう。

 

 

食育メニュープランナーの資格を取得するための費用は?

 

食育メニュープランナーの通信講座は、費用が22,000円です。

 

2万2千円は決して安くはないと思いますが、たとえば食育アドバイザーだと39,600円しますし、食育実践プランナーも受講費用が39,000円必要になります。

 

つまり、食育メニュープランナーは、他の食育資格と比較してかなり安めの価格設定になってるわけです。

 

食育の資格を何か取りたいなと思っている方にとって、食育メニュープランナーは費用の面で魅力的ではないでしょうか?

 

 

ちなみに、なぜこんなに安いのかというと、認定団体がNPO法人(特定非営利活動法人)だからでしょうか?

 

実際の理由はわかりませんが、食育の資格を初めて取ってみようと思ってる方にとって、食育メニュープランナーは狙い目かもしれません。

 

 

食育メニュープランナーについてまとめ

資格名称 食育メニュープランナー
認定団体 NPO法人みんなの食育
受験資格 特になし
試験について 試験なし(添削課題が試験代わり)
合格基準 すべての添削課題を提出して、ABCDの4段階評価ですべてC判定以上
講座

ヒューマンアカデミーたのまなの通信講座
標準学習期間:6ヶ月(最大12ヶ月までサポートあり)
受講費用:22,000円

 

通信講座の資料はこちら


TOPへ