食育資格の活用方法「食育関連イベント企画」

 

子供たちが、「食」について学ぶ一番いい方法は・・・

 

自分の目で見て
自分の耳で聞いて
自分の手で作って
自分の舌で味わって

 

とにかく、自分で「体験」してみるということです。

 

そして、そんな体験ができる機会を、私たち大人が提供してあげることが、とても重要なことだと思います。

 

食育関連のイベントを企画しましょう!

 

個人でイベントなんて企画できるのかと思うかもしれませんが、イベントを企画すること自体は、個人でも可能です。

 

食育関連のイベント例

  • 農業体験イベント
  • 漁業体験イベント
  • 畜産業体験イベント
  • 食品加工工場の見学会
  • B級グルメ大会

 

ただし、実際にイベントを開催する段階では、周囲を巻き込んで、みんなで作り上げる必要が出てきます。

 

具体的なイベントの実施方法

 

食育イベントを実施するときの、簡単な流れをご紹介します。

 

食育イベントの企画方法

 

・企画書を用意(※コンセプトが大切)

・各方面に売り込む(※場所の確保、スポンサーの確保、集客)

・食育イベントの実施(※スポンサー無しなら費用をとってもよい)

・イベントを実施した状況を情報発信(※ブログ、サイト、新聞、テレビ)

・うまくいけば第二弾、第三弾と続ける

 

イベントを成功させるためには、最初の企画書の段階でしっかり考え抜くことが大切です。自己満足ではなく、参加者のみなさんが喜んでくれる、素敵な企画を考えましょう。

 

食育資格の具体的な活かし方

 

主な職場・活動場所
  • 地域社会

 

主な活動内容
  • 食育イベントの企画
  • 賛同者、スポンサー集め
  • イベントの準備
  • イベントの告知、宣伝
  • イベント開催
  • イベント後の広報

 

「イベント」などというと、かなり大規模なものをイメージするかもしれませんが、ごく小さなイベントでもかまいません。例えば、お友だちを誘って、ビール工場の見学に行くとか、そういうことも立派な食育イベントです。できることから、少しずつ始めていくのがポイントです。