食育資格の活用方法「家族の健康管理」

 

食育資格は、個人的には家庭の主婦の方にこそ必要な資格ではないかと思います。なぜなら、外食産業などが発展した現代社会においても、食の中心は、お母さんの「家庭料理」であることは間違いないからです。

 

家族の健康管理に役に立ちます

 

毎日、一生懸命に料理を作るモチベーションになっているのは、やはり家族のことを心から大切に思っているから。家族に喜んでもらいたいということではないでしょうか。

 

「家族においしい料理を食べさせたい!」
「家族に安全・安心な料理を食べさせたい!」
「家族に健康なカラダを作ってもらいたい!」

 

そのためにも、食材の選び方や、料理の仕方や、衛生管理などなど。「食」に関するいろいろな知識を、一度、体系的に学んでおくことは、とても意味のあることです。

 

ぜひ、家族の健康管理のために、食育資格に挑戦してみてください。

 

子供の教育にも役に立ちます

 

教育は学校がやってくれると思っている方も多いですが、実際には、家庭でしかできない教育もたくさんあります。そのうちのひとつが、食事のマナーではないでしょうか。

 

食事のマナーなどは、家庭でしっかり「しつけ」をしなければ、外でも平気でマナーに反することをやるようになりますし、大人になってから困るのはお子さん本人です。

 

だからこそ、お母さんが、食育資格の勉強をして、食の専門家としてのスキルを身に付けることは、とても意味のあることです。

 

食育資格の具体的な活かし方

 

主な職場・活動場所
  • 一般の家庭

 

主な活動内容
  • 食材を正しく選ぶことができる
  • おいしく健康的な料理が作れるようになる
  • 家族に衛生的で安全な料理を提供できるようになる
  • 食を通じて子供の心を教育することができる

 

毎日、食事を作ったりするのは、とてもめんどくさいことだと思います。なぜめんどくさいのかというと、料理にあまり自信がないというのが、ひとつの理由だと思います。つまり、自分が普段作っている料理が「正しいのか?」ということが分からず、苦手意識が常に頭の中にあるのだと思います。だからこそ、食育資格の勉強をして、資格を取得することは、とても価値があると思います。