食育資格の活用方法「飲食業界」

 

食育資格の知識を最も活かせる職場のひとつが、「飲食業界」です。飲食業界と言っても、業務内容はさまざまですが、食育資格を取得すれば、仕事に直結したスキルですし、評価の対象にもなります。

 

また、転職活動をする場合など、食育資格を持っていれば、ライバルと差別化できるため有利になります。

 

自信を持って仕事ができるようになる

 

飲食業界に従事している方は、食育資格にぜひ挑戦するべきです。なぜなら、食育資格を持っていれば、自信を持って仕事ができるようになるからです。

 

食育資格を持つと自信をもって仕事できる!
  • お客さんからの質問に自信を持って答えられるようになる
  • 自分の企画や提案を自信を持って出せるようになる
  • やりがいと自信を持って仕事をすることができるようになる

 

飲食業界には、何の資格も持たずに働いている人が多いです。しかし、食育資格を取得して、食の総合的な知識を身につければ、世の中のニーズを汲みとった新しい発想が生まれたり、お客さんに新しい提案をすることができるようになります。

 

飲食業界で、食の専門家として働くのであれば、食育資格に挑戦する価値はとても高いです。

 

食育資格の具体的な活かし方

 

主な職場・活動場所
  • レストランの企画部門
  • デパートのお惣菜コーナー
  • 食品会社の商品開発部門

 

主な活動内容
  • 栄養バランスのいいおいしい新メニューの提案ができる
  • いろいろなお客さんに喜ばれるお惣菜を提案できる
  • 食に関する問題点を解決できるような新商品を提案できる

 

食育資格は公的な資格ではありませんが、関連業界の民間企業に転職する際には、アピールポイントのひとつとして効果的です。「食」に関する広い知識と、問題意識をアピールできれば、優秀な人材として評価されるはずです。