食育資格が扱うテーマ「心の健康」

 

お腹が減ってくると、イライラしたり、集中力がなくなったりすることがあると思います。これは、食事が、心のあり方に影響を与えることを示す一例です。

 

【1】栄養バランスと心の健康

 

「健全な精神は健全な肉体に宿る」ということわざがあります。栄養バランスに配慮した食事をとって、健康的なカラダづくりをすることで、心もスッキリするというのは事実です。

 

逆に、身体に何らかの不調があると、気分が落ち込んだり、イライラしたりして、いろんなことがうまくいかない原因になってしまいます。おいしい料理をしっかり食べて、健康維持することが、心の健康を保つ秘訣なんです。

 

【2】ストレスと関連があると言われる栄養素

 

イライラしたり、ストレスが溜まったりするのは、「脳」が感情をうまく処理できないことが一因です。そのため、「脳」の働きを活発にする栄養素を補給することをおすすめします。

 

ビタミンB1

ビタミンB1は、筋肉の疲労でたまる乳酸を燃焼させるため、身体の疲労を回復させる効果があります。また、ブドウ糖をエネルギーに変える作用を持つため、神経中枢の働きを活発にして、脳を活性化させる効果もあります。

玄米、豚肉、うなぎ、納豆など

ビタミンC

ビタミンCは、副腎皮質ホルモンを体内に生成するのに不可欠な栄養素です。副腎皮質ホルモンは、高ストレスホルモンとも言われるもので、体内の血糖値を上げてエネルギー量をふやすことで、体の抵抗力を高める働きをします。

ブロッコリー、ピーマン、いちご、キウイフルーツなど

カルシウム

血管内には、常に一定量のカルシウムが含まれるのですが、イライラやストレスを感じると、血中のカルシウム濃度が低下しやすくなってしまいます。そのため、カルシウムを補給することで、ストレスに対する抵抗力が増すと考えられています。(※カルシウムとストレスには直接の関係はないとする説もあります。)

牛乳、乳製品、小魚、海草など

 

【3】楽しい食事が心を健康にする

 

栄養素がどうとか、そういう難しい話は抜きにしても、みんなで楽しく会話しながら、ゆっくりと食事をすることは、とてもストレス発散になります。

 

最近では、一人暮らしの人が増えていますし、夫婦共働きの家庭では、ひとりで食事する子供が多くなっています。

 

だからこそ、みんなに声をかけていっしょに食べるとか、家族そろって食事する機会を作るとか、みんなそろって食事する機会を、意識的に演出することが、食育の活動として注目されています。