食育資格が扱うテーマ「カラダの健康」

 

バランスのよい食事は、健康づくりの基本中の基本です。しかし、多くの人が、ただ単に空腹を満たすことしか考えていません。健康管理という意識を持たないまま、食事をしているのが現状です。

 

その証拠に、周囲を見回すと、太りすぎた人がたくさんいます。病院には、成人病で苦しむ人がたくさんいらっしゃいます。

 

健康を考えた食事を習慣づけていれば、もしかしたら防げたかもしれません。だからこそ、食育について学び、家族の健康管理の知識を深めることは、とても価値があります。

 

【1】体重管理

 

太っていたり、やせていたり、体型は人それぞれです。そして、体型の良し悪しは、食事と運動のバランスが大きく影響しています。

 

もし、自分自身の体型に問題があると感じるなら、食事と運動の両面で、生活習慣を見なおしましょう。

 

あなたの適正体重(標準体重)は?

 

適正体重(標準体重)の計算式

 標準体重(kg)=身長○.○○(m)×身長○.○○(m)×22

例)標準体重(kg)=身長1.60(m)×身長1.60(m)×22=56.32(kg)

 

BMIの計算式

 自分のBMI=体重○○(kg)÷身長○.○○(m)÷身長○.○○(m)

BMI

18.5未満

やせ

18.5以上 25未満

標準

25以上

肥満

例)自分のBMI=体重60(kg)÷身長1.60(m)÷身長1.60(m)=23.4 → 標準

 

【2】成人病予防

 

子供が好むような味の濃い料理には、やや多めの塩分が含まれています。味が濃いと、たしかにおいしく食べられるのですが、塩分の取り過ぎは、成人病の原因になるため、なるべく気をつけたいです。

 

塩分の取り過ぎによるカラダの不調
  • 高血圧・・・血管に水分を多く取り込んで塩分を薄めようとするため
  • 腎臓疾患・・・血液中の塩分をろ過するときに腎臓に負担がかかるため
  • 心臓疾患・・・血圧が高くなることに関連
  • 脳卒中・・・血圧が高くなることに関連
  • その他の症状・・・むくみ、のどの渇き

 

塩分はいろいろな食材に含まれています。そのため、無意識のうちに、過剰にとってしまいがちです。減塩醤油を使用するなど、塩分を取り過ぎない工夫が必要です。