食育資格が扱うテーマ「良好な人間関係」

 

気心の知れた人といっしょに、会話を楽しみながら食べる食事は、とってもおいしく感じます。おいしい料理をゆっくり味わって、楽しい会話で大笑いすれば、ストレス発散になりますし、心もカラダもどんどん元気になります。

 

ひとりで食べる食事もいいですが、できれば誰かを誘って、いっしょに食べる習慣を持つといいですね。

 

【1】食を通じて人間関係を深める

 

会社勤めをしていると、歓迎会とか、送別会とか、ことあるごとにみんなで集まって飲み会が開催されます。こういったお食事会を通じて、人間関係を深めていくことができるからです。

 

みんなで食事するメリット

  • 会話しながら食べると楽しい
  • ゆっくりと時間をかけて食べることができる
  • 食事を食べる無防備な姿で親近感を感じられる
  • 食事の食べ方で相手の人間性を知ることができる
  • 時間を共有する経験が関係を深める

 

誰かといっしょに食事をすることは、人間関係を深めるために欠かせません。

 

逆に、食事をいっしょにすることで、相手と自分の相性が分かるので、食事をいっしょにしてみて、以後付き合わないという判断をするものありだと思います。

 

【2】食を通じて家族の絆を深める

 

最近は、核家族化が進行していて、さらに夫婦共働きのケースも多いため、家族そろって食事しない家庭が増えてきているそうです。

 

しかし、家族そろって食事することにはいろいろメリットも多いです。なるべく家族そろって食事する機会を作るようにしたいものです。

 

家族そろって食事するメリット!
  • 規則正しい時間に食事することができる
  • 栄養バランスに配慮した食事ができる
  • 安全・安心な料理を食べることができる
  • 家族みんなの状態が分かる(※悩んでないか、体調はどうかなど)
  • 共通の話題ができて家庭内が楽しくなる
  • 感謝の心を食事を通じて子供に教えることができる
  • 食事を用意してくれる人(お母さん)の愛情を子供が感じられる

 

人間関係はとても難しいですし、悩んでいる人が多いテーマです。

 

食事で全てが解決するわけではありませんが、食育について学び、人と人とのつながりについて考えることは、とても価値のあることではないでしょうか。