食育資格が扱うテーマ「食事の作り方」

 

食材を買ってきたら、次に、それらの食材を使って、調理しないといけません。

 

でも、食べるのは大好きだけど、作るのは好きじゃないって人、けっこう多いですよね。意外とあなたも、そうじゃないですか?

 

料理をつくるのが好きじゃない理由
  • おいしい料理の作り方が分からない
  • 毎日、一生懸命作るのがめんどくさい
  • 後片付けがめんどくさい

 

そんな、料理があまり好きじゃない人にも、食育資格はおすすめです。食育資格は、料理が好きな人だけのものではないんです。

 

食べておいしい食事の作り方

 

食育資格を取得するためには、おいしい食事の作り方についても、いろいろと勉強する必要があります。

 

おいしい料理を作れるようになるポイント

  • 素材の切り方を知る
  • 素材の炒め方を知る
  • 調味料の使い方を知る
  • ダシのとり方を知る
  • 定番の調理方法を知る
  • いい調理器具の選び方を知る
  • 旬で新鮮な素材を知る

 

切り方にしても、炒め方にしても、おいしい料理を作るためには、正しい方法を学ぶことが大切です。では、なぜ正しい方法を学ばないといけないのか?

 

それは、正しい方法というのは、ちゃんと理由があって、そういう方法になっているからです。

 

「なぜこの切り方なの?」
「なぜこの順番で炒めるの?」
「なぜこの調味料を使うの?」

 

これらのポイントを、一度しっかりと学んで身につけるといいです。そうすれば、どんな料理も自信を持って作れるようになります。まさに「一生もののスキル」です。

 

手軽で簡単な食事の作り方

 

料理は一生懸命に作らないといけないものではありません。ポイントさえおさえておけば、手を抜いて簡単に作っても、意外とおいしくなるものなんです。

 

手抜き料理も十分おいしい!
  • 素材をしっかり選ぶ(※新鮮な食材など)
  • 素材の味を活かす(※あえて手を加えすぎない)
  • 買ってきたお惣菜などもじょうずに活用
  • 前の日の残り物などをじょうずに活用

 

料理は、がんばりすぎてもおいしくなるとはかぎりません。がんばる部分と手を抜く部分をじょうずに使い分けて、おいしい料理を、なるべく簡単に作るのが賢いやり方です。

 

手抜き料理を学ぶためにも、食育資格は役に立ちます。料理するのが好きじゃないからこそ、食育資格の勉強を始めてみませんか?