【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育資格の体験談9】食生活アドバイザー

「食生活アドバイザー」の資格をお持ちの主婦の方から体験談をいただきました。通信教育講座で勉強されたそうですが、通信教育講座は自分のペースで勉強できるというメリットがある一方で、サボろうと思えばいくらでもサボれてしまうというデメリットもあることに気がついたとのこと。そのあたりをどのようにして乗り切ったのかという話など、参考になるお話がいろいろです。


 

1.食育関連の資格取得を目指したきっかけ

 

少し前に食生活アドバイザーの資格を取得しました。私は幼い頃からお料理に興味があり、実家に住んでいた頃には母のお料理の手伝いをよくしていましたし、結婚してからも手作りご飯がメインでしたのでお料理の経験は、わりと長い方だと思います。

 

私はごく普通の家庭の主婦をしており、ごく普通の生活をしておりましたが、子どもの離乳食が完了して間もなく主人が体調を崩し、食事内容を見直す必要がありました。母の作った和食中心の手料理で育ったこと、私自身に体形を維持したい思いがあったことと胃が丈夫な方ではなかったこと、主人が太りやすい体質で腰痛持ちであったことなどから、それまでも食事には気を使っていた方だとは思うのですが、それでも主人の主治医からの指導もあり、これを機に食について少し詳しく勉強してみようと思ったのが資格取得のきっかけです。

 

多少は調理に自信がありましたが、それだけで主人の体調管理が充分に出来るはずもなく、食材の選び方や調理法、食事をとる環境や時間など、見直す点はたくさんありました。ちょうどその頃、子どもが大人と同じ食事を食べ始めましたので、子どもの健康な身体作りを目指すためにも、食生活を見直す事へのモチベーションは充分でした。

 

2.通信教育講座で勉強することにしました

 

勉強するなら資格も取ってしまおうと思い、食生活アドバイザーの試験を受けることにしました。書店にもたくさん参考書や過去問が並んでいましたが、どれを選べばよいか迷いましたので、通信教育講座を受講することに決めました。通信教育講座はテキストと問題集が揃っている上に、勉強の進め方も提案されていましたし、分からない事は講師にオンラインで質問することもでるとのことでした。実際に質問する事はありませんでしたが、何年ぶりかの受験に向けて講師の存在は心強く感じました。また、添削問題もあったので、受験に対するイメージトレーニングもできて役に立ったと思います。

 

 

一言で「食生活」と言っても勉強する内容は多岐にわたり、栄養素や旬の食材などの実際に体内に取り込む食事そのものに関連する要素であったり、食中毒や保存法、食品の安全性、他にも経営者の視点で見る食マーケットや経済、法律に至るまで、ありとあらゆる項目がずらりと並んでいました。受講を開始した時期から試験当日まで数か月ありましたので、時間は充分にありましたが、それでも学びきれるのか心配でした。

 

これは通信教育講座の特徴だと思うのですが、勉強を自分のペースで進められます。ということはつまり、毎日短い時間でコツコツと学ぶ事が可能ですが、同時にサボる事も簡単にできてしまいます。私がまず第一に考えなければならなかったのは、勉強を習慣づける事でした。

 

厳しい受験を経験していたり、複数の資格試験を受けた経験がある方なら、自分に合った勉強の進め方もご存じなのでしょうが、私は試験を受けるのは10年ぶりくらいとあって、教材が届いたばかりの頃には、新しいテキストと資格取得にチャレンジする自分にワクワクしていました。気持ちが先走り、具体的に学べる状態ではなかったと思います。少し落ち着いてから2冊あるテキストにざっと目を通し、大まかなスケジュールを決めて勉強を進めることにしました。

 

3.食生活アドバイザーの試験勉強について

 

テキストに沿って読んで行くと、その内容が特別ではなく、普段の生活の中で目にしていたり気にしている事だと気が付きました。例えば偏食を避けてバランスの良い食事を心がける、食品の保存温度に気を配る、原材料及び食品表示を見るなどです。実体験と結び付けて学べたので感覚として理解しやすかったですし、生活の中で繰り返し予習復習ができるので、肩に力を入れる必要がない項目も多くありました。

 

ただ、暗記する要素が多かったのが私にとって悩みの種ではありました。全国の郷土料理やパーティーマナーなどの日常とはかけ離れた項目もありましたし、食マーケットに関しては文章を読んだだけではピンとこない部分もありました。そんな中でも知っている単語や用語はたくさん出てきましたので、理解するきっかけは日常生活の中にありました。

 

例えば、「小売業の種類は」と聞かれるとピンときませんが、頻繁に行くスーパーマーケットとコンビニ、ドラッグストアに、それぞれ特徴がある事を考えるとその違いがわかります。また、消費者である私たちがいつでも新鮮な食材を手に入れられるのは、様々な商品に必ずと言っていいほどついているバーコードが商品管理に重要な役割を果たしているからであるという事も納得できる項目でした。

 

 

他にも、食に関する法律を知る事はとても重要な意味を持っていると思います。食の安全性を守る為に法律があり、生産者や企業は法律に基づき商品を流通させ、私たち消費者は法を信用して食材を購入しています。これもまた生活と結び付けて覚えられる項目でした。

 

実生活と関連付けて暗記する方法に加えて、壁にメモを張り、ポイントを復習できる状態にしておきました。「あれは何だったっけ」と思った時に手軽に確認できるので便利でした。

 

数か月かけてテキストと問題集を解きましたが、最も重点を置いたのは最後の1か月でした。初めの頃に勉強した内容は記憶が薄れている項目もあり、慌てたのを覚えています。幸い基礎は残っていたので復習するとなんとか過去問も解けました。

 

4.食生活アドバイザーの試験の様子について

 

直前になると、今更慌てても仕方ないという気持ちになり、リラックスした状態で試験当日を迎えることができました。が、いざ試験会場である教室に入ると、何と言うか、長い間経験したことのない独特の張りつめた空気と静けさがストレスになり、少し緊張してしまいました。

 

3級と2級を同日の午前と午後に受験したのですが、3級はまだ落ち着いて受けられた方だと思います。昼休みを挟み2級の受験時間になると、午前中に受けた緊張感と他人と同じ部屋に一定時間閉じ込められることがストレスになり、気持ちが落ち着きませんでした。3級と2級の両方を取得しようと考えている方は受験日を変えるか、あるいは2級だけを受験するという手もあると思いました。

 

試験終了から合否発表まで日にちがありましたが、その間にウェブで答え合わせができましたので、結果は通知が届く前に知っていました。なんとか合格できてホッとしたのを覚えています。家族も喜んでくれました。

 

5.流行り廃りのない「食」に関する資格は一生役立ちます

 

この資格取得で学んだ事は、今は、消費者の立場で役立っています。主人の体調管理の為に旬の素材を取り入れつつバランスの取れた献立を考え、調理法や盛り付け方も工夫しています。子どもに関しても、幼児期は体の基礎を作る大切な時期だと考えていますので、好き嫌いなく何でもおいしく食べ、明るく活発な子に育つように、食事で応援し続けたいと思っています。また、幼い頃から食事に気を遣うことを習慣づけていられれば、生活習慣病の予防や、大人になってより豊かな食生活を楽しむことができるのではと考えています。

 

 

おそらく主婦の方々やお母さん方はそれぞれご自分のやり方で工夫をされていると思いますが、私も食生活アドバイザーとして持っている知識を活用し、安心、安全な食材を使った美味しいお料理を家族揃って食べる団らんの時間を大切にしています。

 

食は人が生きていく上で切っても切り離せない重要な要素であり、習慣です。家族の健康を預かる身として、食生活アドバイザーの資格を取得したことは自信になりました。また、小さな定食屋を開くという夢も持っています。流行廃りの無い「食」に関する資格ですから、活躍できる場面は多くあると思いますし、一生涯役に立つ資格だとも思います。

 

少し勉強するべき範囲が広く大変だと思う方もいらっしゃるでしょうが、教科書の中のこととしてではなく、ご自分の体を作る食事のこと、ご自身の生活に直接関わることだと捉えると勉強がスムーズに進むのではないかと思います。

 

 

「食生活アドバイザー」とはどんな資格か?

資料を請求するならこちら(※無料です)