【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育資格の体験談8】「薬膳インストラクター」の体験談

「薬膳インストラクター」の資格を取得された主婦の方にお話をうかがいました。不妊治療を受けながらの資格勉強だったそうですが、資格取得後に不妊治療もうまくいき、待望のお子さんに恵まれたそうです。「薬膳インストラクターの学習項目の中に、不妊体質の改善という項目が」あったとのことで、一生懸命に勉強したかいがあったとおっしゃっていました。


 

1.主人の健康管理が目的で薬膳を学びたいと思いました

 

私が薬膳インストラクターの資格取得を目指したのは、主人の健康診断がきっかけでした。毎年受診している健康診断で、いつも要経過観察、再検査という項目があったのです。結局は再検査しても異常は見つからないのですが、毎回不健康のレッテルを貼られているようで、妻として主人の健康管理が出来ていないのだと情けない気持ちになっていました。

 

その上毎年冬になると、末端冷え性の症状がひどくなるのです。しかし主人は猫舌で温かい食べ物が苦手なのです。色々対策を講じましたが、改善する気配は無く、毎年かさむ電気代が悩みでした。

 

そこで、毎日の食事で主人の健康増進を図れないかと考え、色々と調べた結果、見つけたのが薬膳インストラクターの資格でした。もともと栄養士免許を取得し、食に関する勉強には興味がありましたので、すぐに学習を始めることにしました。

 

2.ネットで資料を取り寄せて比較検討しました

 

当時はパートタイムで勤めていましたので、学校に通うことが難しかったので、在宅で学習出来る通信講座を選択しました。インターネットから資料を取り寄せ、3つの講座を比較検討しました。それぞれの講座毎に、教材に特色があったり、学習項目の難易度に差があったりと、講座毎に様々な特色がありました。

 

その3つの講座の中で最終的に決め手となったのは、費用はもちろん学習内容が一番大きな決め手となりました。主人の冷え性改善に役立ちそうな項目、そして不妊治療を続けていた事もあり、不妊体質の改善に関して学べる講座を選択しました。

 

 

早速申し込み、教材一式が届き、すぐに学習をスタートさせました。しかし薬膳の世界は思った以上に奥が深いようで、栄養や食に関する学習の経験はありましたが、テキストに書かれている内容は、とても理解しがたいものばかりでした。テキストを開いた時点で、心が折れそうになりました。

 

3.薬膳の世界の奥深さに驚かされました

 

様々な視点から、人間の体質を判断し、それに合わせた食材を選択し、適切な調理法で調理する。文章で書くのは簡単ですが、実際に勉強してみると、自分の体が一体どんな体質で、不調の原因が何であるのかを突き止めるのは簡単なことではありませんでした。

 

例えば、世の中の全ては陰と陽のバランスから成り立っていると考える薬膳の世界では、人間の体はもちろん、季節、時間、性別、宇宙、温度、位置、身体にも陰と陽が存在していると考えます。陰と陽のバランスがとれている中庸が一番良い状態とされていますが、その状態を保持し続けるのは、忙しい現代人には非常に難しい課題の一つです。その為食材が持つ特性や効能を学び、病気にならないための予防策を講じられるようにするのが、薬膳の最大の目的です。

 

講座受講中は、パート、家事そして定期的な不妊治療の為の通院で、学習に当てる時間は限られましたが、移動中の電車内やパートの休憩時間、家事を終えて就寝するまでのわずかな時間を学習に当て、なんとかテキストを開く時間を確保しました。

 

4.添削課題は大変でしたが赤ペン添削に励まされました

 

重要と思われる所にマーカーで線を引き、毎日一項目ずつ重要項目を暗記するようにしました。しかし耳慣れない専門用語が多く、暗記と言っても簡単ではありませんでした。語句はもちろん、その語句に関連した理論や食材名、疾病の名前まで暗記しなければなりませんでした。

 

一定のページまで学習すると、添削課題がありましたので、定期的に送付し添削を受けました。しかしこの課題が想像以上に難しく、テキストに掲載されている内容をもとにした、応用問題ばかりで、基本をしっかりと理解し、各種理論と関連づけて考え答えを導き出さなければならなかった為、大変苦労しました。毎回返送されてくるのが恐怖で、封筒を開ける度に冷や汗が出ました。

 

 

返送されてきた課題には、専門家の先生による解説がびっしりと赤ペンで記入されていました。正解の項目には、お褒めの言葉もありましたが、間違った項目には、丁寧な解説と考え方のポイントなどが詳しく記載されており、再度学習する際に、大変役に立ちました。

 

5.なんとか薬膳インストラクターの資格を取得できました

 

学習も最終段階になると、課題の内容もどんどん難しくなり、体質改善の為のメニューを、自身で考案し、実際に調理した写真を送付するという添削課題もありました。この課題をパスしなければ、試験の受験資格が得られないため、テキストとにらめっこしながら、食材を選び、調理方法を考えました。

 

結果幸いにも、提出課題が認められ、無事に資格試験の受験資格を得る事が出来ました。資格試験は、オンライン上で行われ、制限時間内に、薬膳に関する様々な問題が提出されました。選択方式、記述式の問題もあり、学習した内容を総動員しながら回答していきました。全て回答し終えた所で、答えを送信し、後日合否判定が郵送で送られてきました。

 

結果無事に合格ラインを突破し、薬膳インストラクターの資格を無事取得することが出来ました。合格という結果に安堵し、家事、仕事、不妊治療との両立の末に合格出来たという事実に達成感と充実感をかんじました。

 

6.薬膳を学んだかいがあって不妊治療も成功しました

 

そして薬膳インストラクターの資格を取得してから、我が家には嬉しいニュースがありました。長い不妊治療を経て、やっと妊娠反応が出て、心拍が確認出来たのです。前年に流産し、自身の体質に問題があるのではないかと疑念を抱いていた事もあり、喜びもひとしおでした。

 

薬膳インストラクターの学習項目の中に、不妊体質の改善という項目があり、他のどの項目よりも時間を割いて、学習し、徹底的に暗記した甲斐があったのかもしれません。当初の目的だった、主人の体質改善よりも一生懸命勉強しました。

 

薬膳を学び始めてから、普段の食生活はもちろんの事、生活習慣全体も見直す事が多くなり、妊娠に限らず、薬膳を学んだ事で自分の人生が更に充実したような満足感を感じました。

 

 

一昨年無事に誕生した息子は、現在1歳3ヶ月を迎えました。そろそろ離乳食も卒業の時期を迎えます。毎日の離乳食では、薬膳インストラクターで学習した知識を活かし、食材を選択し、様々な食材を食べられるように工夫して、調理しました。その甲斐あってか、息子は食欲旺盛で毎日朝からモリモリ食べています。

 

7.薬膳インストラクターの資格を活かして活動していく予定です

 

今回薬膳インストラクターの講座を受講し、資格を取得することが出来ましたが、薬膳の世界は本当に奥が深く、今後も子育ての傍ら学習を続けて行きたいと考えています。毎日の食卓に薬膳の知識を活かすのはもちろんですが、将来的には薬膳インストラクターの資格を活かし、自宅などで薬膳料理の教室を開催したり、コミュニティセンターなどで薬膳の講座を担当したり、病院や老人保健施設などで薬膳の知識を活かした健康増進事業などにも参加し、人々の健康づくりのお役に立てるお仕事が出来ればと考えています。

 

興味はあるけど、薬膳ってすごく難しそう!専門的すぎて、実際の食卓には活用出来ないんじゃない等と考えている方も多いと思いますが、実際に学んでみると、その面白さにどんどん学びたくなる事と思います。特に食に興味がある方、健康的にダイエットしたい方、毎日をもっといきいき過ごしたいとお考えの方には、最適な学びかと思います。

 

そして薬膳を実践してみると、自身の身体の不調が改善したり、毎朝すっきり起きられなかったのに、起きるのが楽しみになったり、美味しく食べて綺麗になれたりと、毎日の変化が楽しみで仕方なくなるかもしれません。

 

生涯学習の一環として、資格取得を目指して等、様々な動機があるかと思いますが、薬膳を学んで決して損することはありません。むしろ得をするかもしれません。是非薬膳の世界を楽しんで欲しいと思います。

 

※薬膳インストラクターの資料請求はこちら