【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育資格の体験談7】「フードアナリスト」の体験談

「フードアナリスト」の資格をお持ちの主婦の方から体験談をいただきました。子供の頃からお手伝いで食事を作ることが多かったとのことで、食に関する資格に自然と興味を持つようになったそうです。試験勉強はなかなか苦戦されたようですが、資格を取得したことで生活の質を高めることができたとおっしゃっていました。


 

1.幼いころから料理を作ることに興味がありました

 

幼い頃から料理が大好きで、家族の夕食を作るのが、私の担当でした。そのため、美味しい料理を作るにはどうしたらよいか?どうしたら身体によい料理を作ることができるかいつも考えていました。

 

高校時代には、自分自身が誤ったダイエットで体調を崩し、病院に通うことになり、食事の大切さを改めて認識するという経験もしました。

 

ちょうどその頃、世間ではサッカーブームが起こり、各チーム専属の栄養士がメディアで取り上げられることが多くなりました。長時間かつ激しいプレーに対応できる身体を作り、そして体力を維持する上でどのような食事をとればよいのか、どのような栄養素を摂取すればよいのか、科学的な側面から研究し、実践されている栄養士の業務に魅力を感じ、将来はこの職業に就きたいと考えるようになりました。

 

2.大学でスポーツ栄養学について研究しました

 

高校生卒業時の進路を考える際も、食物栄養学特にスポーツ栄養学を専攻できる大学を選びスポーツ栄養学に関する研究をし、卒業論文もスポーツと栄養、心の健康に関する論文を執筆しました。大学で栄養士免許を取得し、卒業後は食品会社に就職し、資格を活かして働いていました。

 

スポーツ栄養士の職に就くことはできませんでしたが、趣味で続けていたランニングに学んだ知識を活かし、タイムを伸ばすための食事、持久力をつける食事、疲労回復を早める食事などに関して、ランニング仲間にアドバイスする機会を得ることができました。趣味に知識を活かすことができ、仲間にも喜んでもらえ、学んでよかったと心から思いました。

 

結婚を機に退職してからは、食物に関する情報、勉強からは遠ざかっていましたが、ある日テレビで「フードアナリスト」という資格を目にし、興味を抱きました。食物に関する知識はもちろん、食物の歴史、マナー、食空間に関することなど、自分にとっては知らない内容ばかりで、ぜひ勉強して資格を取得してみたいと思いました。

 

3.「フードアナリスト」の資格をとるために勉強を開始しました

 

資格取得を目指して、まず参考書を取り寄せました。この参考書は、一般の書店では販売されておらず日本フードアナリスト協会のホームページから購入しました。参考書と合わせて試験対策のための検定問題集も購入し、勉強を開始しました。

 

 

まず参考書を一通り読みました。そして重要かつ覚えなくてはならないと思われる箇所に、マーカーでラインを引き覚えるという単純な作業を毎日繰り返しました。もともと食物に関して勉強することが好きでしたので、特に苦労せず勉強することができるだろうと考えていました。

 

4.食に関して知らないことが多いことに気付かされました

 

しかし勉強を進めるにつれて、食の世界に奥深さに気づき、私の認識の甘さを痛感しました。今まで学んだ知識は、食物に関するほんの一部分にしか過ぎなかったのだと思い知らされました。

 

ちょうど東日本大震災が発生し、食物の放射能汚染が問題になった頃でしたので、食の安全性に関する話題や、世界の食物汚染に関する項目が追加されたり、勉強しなければならない項目が増えました。

 

また食に関する資格ということで、誤った接客用語に関する内容をはじめ、言語に関する項目も多く大変苦労しました。日本語はもちろん、英語、中国語、フランス語それぞれの言語で覚えなければならない項目もありました。

 

言語が出てくるということは、各国の食文化、各国の料理の特徴、使用する調味料の特徴、歴史も勉強する必要があり、その項目の多さに根を上げそうになりました。

 

5.覚えないといけない知識が膨大で苦労しました

 

具体的には日本料理、中国料理、韓国料理、タイ、ベトナム、イタリア、フランス、スペイン、南米と世界中の食に関する知識が要求されました。これだけでも大変でしたが、参考書に書かれていたのは、さらに膨大な量でした。

 

食材一つ一つに関する詳細な情報は、全て覚えることは不可能と思われる程、ページ数も多く、内容も多岐に渡りました。それぞれの食材の定義、分類栄養素、製造方法、エネルギー、保存方法、旬、産地など全てが重要に思われました。食材ということは、もちろん調味料、お酒、ソフトドリンク、お茶、洋菓子、和菓子も含まれます。

 

そしてさらに私を苦しめたのは、食を題材にした短歌、俳句、和歌、古典、ことわざ、四字熟語、格言・名言、小説に関する項目でした。世界中の文豪、歌人、文学作品全てが含まれ、これもまた膨大で普段本を読む習慣のない私にとっては、他のどの項目よりも苦痛で苦痛で仕方がない項目でした。

 

6.試験は難しかったですが無事に合格することができました

 

参考書を取り寄せてから、試験までの2ヶ月間で、時間の許す限り参考書を開き、重要な項目を暗記するように努力しました。試験は都内で受験しました。当日は、高校生くらいの若い方から、主婦、会社員、会社をリタイアされたくらいの年齢の方まで、実に幅広い年代の方が受験されていました。

 

女性が多いのかと思いきや、意外にも男性の受験者も多く、この資格が今注目されている資格であることがよく分かりました。試験は選択式の問題と記述式の問題があり、やはりこと前にしっかりと勉強していなければ回答できない内容ばかりでした。

 

 

特に記述式の問題は、参考書に書かれていた内容をベースにして、自分で考えなければならない内容でしたので、勉強して損はなかったと思いました。後日結果通知が届きました。結果は無事に合格することができました。正答率は全体の85%で、自分で考えていたよりも高い正答率でした。

 

大学を卒業後、初めて資格取得にチャレンジした今回の試験でしたが、合格という結果以上に、より幅の広い、そして深い知識を身につけることができた喜びが勝りました。

 

7.フードアナリストの資格を取得して食に対する接し方が変わりました

 

フードアナリストの資格を取得してからは、今までなにげなく作っていた毎日の食事を、改めて見直し、さらに身体によい食材を使ったり、調理方法を工夫したり、また食卓のコーディネートにも気を配るようになりました。

 

また外食時には、使用されている食材や調理方法などをお店の方に尋ねるようになり、自宅での食事作りに活用するようになりました。学んだ知識を活かして、調理した食事を自身のSNSにアップしたり、食事したレストランやメニューについてもコメントするようになりました。

 

今後は、自身のブログを開設するなどして、学んだ知識を広め、料理教室を主催したり、食事を通したコミュニティを構築し、幅広い年代の方と交流していきたいと考えています。またフードアナリスト協会発行の刊行物や、食に関する雑誌などにコラムなども書いて、活動の幅を広げて行けたらと考えています。

 

 

現在は子育て中ですので、活動することは難しいのですが、それでも学んだ知識を、息子の離乳食作りに活かし、自分で考えたメニューをママ友達に教えたりしています。できるだけ市販のベビーフードを使用せずに、手作りしたいと考えている方が多いので、レシピや調理方法を聞かれ、アドバイスができるとお互いにメリットがあり、子供の育児などに関する悩み相談をうけたり、より深い友人関係を築くことができています。

 

8.食に関する資格は人生を豊かにしてくれます

 

フードアナリストはじめ、食に関する資格は、直接仕事や収入に結びつかなくても、普段の食事に活かすことができます。あなたご自身の健康はもちろんのこと、大切なご家族の健康づくりのために、ぜひ学んでいただきたいと思います。

 

資格を取得しなくても、新しいことを勉強するのは大変かもしれません。でも新しいことを勉強することで、知識が増え、自分の人生を、そして自分に縁する人々の人生をも豊かにすることができると思います。

 

もちろん合格することも大切ですが、合否以上に学んだことで得られる達成感を味わっていただきたいと思います。何かに挑戦している姿は、とても魅力的で、周囲の人々にもきっと良い影響を与える存在になることができると思います。自分なりにいろいろなタイミングを見つけて、ぜひ新しい一歩を踏み出してみてください。