【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育資格の体験談6】「食育アドバイザー」の体験談

「食育アドバイザー」の資格を取得されたという主婦の方から体験談をいただきました。資格勉強は週末のみ2〜3時間ずつ集中して行ったとのこと。比較的手軽に取得でき、しかも日常生活にとても役立つ資格だそうです。

 

資格取得をきっかけに、身近な家族の健康を守る意識が高まってきたとのこと。食を通じて社会に貢献したいという気持ちも強くなってきたそうです。


 

1.家族の健康管理のために食育資格を取ろうと思いました

 

私が食育アドバイザーに興味を持ったきっかけは、家族の健康管理のためです。私が毎日作っている料理が果たして適切なのか、テレビで取りざたされている食材だけでなく本当はどんな効果があるのかなど食材・食育に対する曖昧さをなくしたかったからです。また、医療関係の仕事に従事していたので食生活のアドバイスに参考になったらいいなと考えていました。

 

食育に関する資格は調べてみると色々ありました。その中で私はいつの時代も変わらずに伝承してきた健康への考え方、家庭内から地域へ繋げていくこの資格が私にはピッタリだと思いました。ネットから申し込み1週間くらいすると教材が届きました。

 

中身を開けて教材にパラパラっと目を通すと食材別に大きく細かく特徴が書かれています。問題もとっつきにくい感じはなくこれなら続けられそうっと思ったのが第一印象でした。つい、うれしくて主人にも見せていました。

 

2.食育アドバイザーの教材はとても分かりやすかったです

 

勉強方法は休日のみ集中して2,3時間程度で行っていました。全く料理が無理って方でもわかりやすい内容でしたので、普段料理に興味がある人にとっては食材編はスラスラ解けると思いました。DVD教材もあって教科書には載っていない事もあり驚きもありました。

 

ただ、現代社会における問題点などはちょっぴり難しくつまずく事もありましたが、この背景が学習出来た時に、食事の大切さに改めて気が付かされます。学習中もサポートが充実していてわからないことはメールか手紙で質問することが可能です。

 

 

添削問題を出して解答が戻ってくるとドキドキです。学生時代の答案用紙の返却時のような、不安と楽しみがありました。毎回、添削して下さる指導者さんの温かい言葉付きで一人で勉強している孤独感はなかったです。

 

間違った部分はその時に教材と照らし合わせて、何故誤解したのか確認することでしっかりと学習できます。私はこの教材は私のノートだと思ってアンダーマーカーや鉛筆などでたくさん印を付けました。間違った所に関しては自分で同じ言葉を書いてみたりするなど工夫をしました。

 

3.無事に合格して立派な資格証明書をいただきました

 

また、最後にオリジナルレシピで調理したバランスの摂れた食事を撮影して送るのですが、これは恥ずかしいような、何とも言えない緊張を感じましたが、いつも考えて作っている事と学習した事を元にクリア出来ました。毎回、添削課題の返却時にはおまけレシピが付いてきたので勉強!っと堅苦しくならずに済みました。

 

添削課題を全て終了すると受験資格が発行されるので案内に沿って申し込みをします。試験は自宅受験になるのでいつでもできるのがありがたかったです。郵送されてきた問題は持っている教科書を見ながら解答が出来ます。概ね、1時間程度で終わります。ゆっくり見直しても返送期間が十分に設けられているので安心でした。

 

 

返送後、1か月くらい経つと試験結果の合否が出ます。「え!?」っと驚く立派なカバー付きの資格証明書が届きました。自身が持っている資格でこんなに丁寧な資格証明書は初めてだったので嬉しかったです。また、携帯に便利なカード付きです。嬉しすぎてうざったがられるほど主人に見せて大喜びしました。

 

また、実家の両親にも見てもらうほど大人げなく喜びました。この合格をきっかけに自信がついた事は言うまでもありません。元々料理も好きだったので今まで以上に楽しさが出てきた感じです。

 

4.食育アドバイザーの知識が日常生活に役立っています

 

自宅ではバランスの摂れた食事を心がけるほかに、郷土料理も作るようになりました。県外人だった主人にも好評です。この学習を通して素材を知ると色々と試してみたくなります。旬の食材も美味しい、いい時に食べられるようになりました。

 

我が家では敬遠しがちだった魚料理も好き嫌いもなくなりました。パン一つでも何から出来ているのかな気にするようになり作っています。自分自身の料理に対する意識も変えてくれたように感じています。

 

 

集まるときに素朴なおやつをお試しで食べてもらう機会も増えました。今は全て買った物でおやつや食事はまかなうことができますが、食事の大切さを教えるべき家庭が食べる根本の意味から遠のいているように感じています。食をおろそかにする、本当の怖さを世の中に啓発していくべきだと感じました。

 

5.食を通じて社会に貢献したいと思い始めました

 

豊かになった代償なのかもしれませんが、この資格を通して家族・地域の人々の健康につなっがっていくことが出来たらいいなと考えています。ただ、知識の押し付けではなく、提案していく形・場所が必要だと思います。

 

家庭では毎日の食事でのアプローチのほかに、家族が食事に対して興味をもってもらえる工夫をすることです。何よりも作り手が食事や食事の時の環境にまで配慮することです。怒って食べる・怒られて食べる食事は味気なく嫌なものです。

 

 

最近では身近なひとの食生活に対して相談を受けることもあります。医療系の資格を有しているだけでは白黒はっきりしか答えられなかったことも、他にはこんな方法があるなど優しく答えることができるようになった気がします。こうだからダメ!ではなくその人に寄り添った考え方で生活背景まで考慮することが大切だなと思っています。

 

6.食に関連する環境を整えることが求められていると思います

 

この資格を通して私が世の中から感じたことは、食事作法が重要視される昨今ですが、食べる側の心や出された食べ物に関する感謝や意識が薄くなってきているように感じられました。根本的な解決を担っているのは家庭なのだと思います。

 

大人だって一人ごはんは美味しくないですし、子供だったら・・・大きくなって食に対する興味が無く病気になりやすいと考えたら容易に食の大切さが想像つきますよね。私は家庭環境の食事が与える心の豊かさについて手助けになるような事業が将来的に出来たらと思っています。

 

今は共働き世帯が多く食事の支度に時間をかけられない、一人で食事、色んな意味での個食に対応できるお店・場所などの提供です。前途多難なことはわかっていても私が当たり前に過ごしてきた環境がなくなりつつあり、心の豊かさを奪っていることが現代の闇に感じてならないのです。

 

私は資格取得して新たな希望を持てることができました。資格取得で感じることは人それぞれですが、身近な家族に健康でいて欲しい・大切なひとたちの幸せを願う純粋な気持ちだと思います。

 

7.食育アドバイザーの資格は人生を豊かにするのに役立ちます

 

この資格はわかりやすいので料理未経験者・経験者であっても取得できやすいところがいいと思います。外食産業従事の方も旬を活かしたレシピ開発・提案の強みにもなると思います。他にも影響力のある地域で活躍される料理教室の先生方にもお勧めだと思いました。一人の力は微々たるものでも食育に対する正しい知識で活躍される人が増えれば時代のニーズに合った変化が起きると思うのです。

 

ある程度調理経験のある方は改めて素材について学習できますし、知らなかったことも多く載っています。知識を高めたり、食や環境に対する認識を再度考えさせられる良い機会になると思います。管理栄養士などの国家資格とは違いますが十分な知識が得られ私の生活を豊かにしてくれることは間違いないと思います。

 

 

食べることが大好きな私ですが、その大切さを教えてくれたこの資格と家族にに感謝し、今度は私が次の世代へ受け継いでいくものだと思っています。何よりも健康的いつまでもみんなと美味しいごはんが囲めること、過ごせることが一番だと願っています。

 

これからこの資格を取得される皆さんも難しく考えずに挑戦してみてください。家族・友人並びに社会の「美味しい」笑顔のために健闘されますことを心より願っております。

 

 

「食育アドバイザー」とはどんな資格か?

資料を請求するならこちら(※無料です)