【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育資格の体験談5】「ナチュラルフードコーディネーター」の体験談

「ナチュラルフードコーディネーター」の資格をお持ちの方から体験談をご投稿いただきました。ナチュラルフードというと、「地味でストイックな食事というイメージが強い」ものだったりしますが、実際にはオシャレで楽しいメニューをいろいろ工夫できるものなんだそうです。資格取得後は、「自宅サロン」でナチュラルフードのレッスンを開催するなど、「大人の食育」を実践されているそうです。


 

1.子供に安全な食材を食べさせたいと思い始めました

 

私が「ナチュラルフードコーディネーター」に興味を持ったのは、子供の離乳食を始めたころでした。それまでは、食品の裏面に書かれていることなどあまり気にしていなかったのですが、やはり、子供の口に入れるものとなると自然と表示を気にするようになりました。

 

気にしはじめると、その食品添加物の多さに驚くことばかりでした。そんなことから食品添加物や、安全な食品、自然食材などに興味を持ち、勉強したい・・・というよりは子供のためにも勉強しなくてはと思うようになりました。

 

ただ、子供が小さかったためそのときは勉強する時間もとれず、とにかく安全と思えるものを選び、日々の食事を作るといった感じでした。

 

2.「ナチュラルフードコーディネーター」の講座に申し込みました

 

数年がたち、子供も少し大きくなったころインターネットなどで調べると、通信教育で「ナチュラルフードコーディネーター」という資格がとれることがわかりました。そしてさっそく申し込みをしました。

 

この講座にはテキストが4冊とDVDが4本付いていました。それぞれのテキストが終わるとインターネットでも提出できる筆記テストがあり、合否判定がとどくようになっていました。

 

また料理の実習課題もあり、作った料理の写真を添付して送るという課題もありました。それぞれの課題は玄米をたくところからはじまり、パンを焼き、照り焼きソイベジバーガーを作ったり豆乳で作ったクリームでデコレーションしたケーキを焼いたりとバラエティに富んでいました。

 

またテキストの内容も、一般的な知識から、和食、洋食、スイーツまで幅広い内容があり、作ってみたいと思うメニューが多くのっていました。おいしそうな料理の写真がたくさんのっていましたし、どの写真もおしゃれで自然食材の地味なイメージはまったくなかったので、勉強しているときもとても楽しかったのを覚えています。地味な和食のメニューばかりだったら、続かなかったかもしれません。

 

3.自分のペースで学べる通信講座は私に向いていました

 

また、子供がいる私にとっては、自分のペースや時間で学ぶことができる通信講座はとてもありがたいものでした。いつも、子供を寝かしつけてからテキストを開き、時間があるときにはDVDを繰り返し見ていました。

 

そして、実習の調理をするときには、主人に子供を預けて、半日ほど調理に没頭する時間を作ってもらいました。この調理実習だけは、どうしてもまとまった時間が必要でしたので、家族の協力が必要でした。ただ、作ったものを試食してもらうことができたので、家族の感想を聞くことができ、参考にすることもできました。

 

この講座はDVDがあることでテキストの内容も理解しやすく、講師の先生が料理する姿は臨場感があって自分で再現するときにもとても役立ちました。やはり、テキストを読んでいるだけではわかりづらい手順などもあったので、動画で確認できるのはとてもわかりやすかったように思います。

 

4.ナチュラルフードの知識はすぐに使えてずっと使えるものでした

 

ナチュラルフードでは動物性の食材をいっさい使わずに様々な料理を作りますが、そのナチュラルフードの考え方は肉や魚を使った料理を作り食べる時にも役立つ知識が多くありました。

 

本当に身体に良いものとは何か、安全な食材を選ぶにはどうしたら良いのかなど・・・その知識はすぐに使え、さらにずっと使える知識でした。

 

例えば、ナチュラルフードではソーセージなどの食材は使いませんが、そのソーセージを選ぶ際の注意点(添加物についての)なども詳しく書かれていました。こういった情報は今も日々スーパーで買い物をするときにもとても役立っています。

 

 

すべての筆記テスト(計4回)に合格し、必須の実習課題(4つ、うち1つは任意)を提出すると資格認定書が送られてきます。この認定書が届いたときには、なんともいえない充実感がありました。

 

教材が届いてからこの認定書を手にするまでは、およそ半年かかりました。ただ、ナチュラルフードの世界は奥が深く、現在もなお、協会主催の講座などに参加しています。

 

5.ママ友からナチュラルフードを教えてほしいと頼まれました

 

この「ナチュラルフードコーディネーター」の資格を取ったことで、家族の食事にもいっそう気を使えるようになりました。食品添加物や野菜の選び方、輸入食材の選び方など様々なことを知ったうえで子供や家族の食事を作るようになりました。それまではお店で買っていたパンも、自宅で天然酵母を使って焼くことが多くなりました。

 

 

そんなとき、子供のお友達のママから、SNSに投稿していた私の料理の写真を見て教えてほしいと言われたのです。やはり、子育てをしている人は少なからず食事のことは気にかけていますし、子供には安全なものを食べさせたいと思っているものです。

 

最初は「人様に教えるのは・・・」とためらいもありましたが、少しでもお役に立てればと思うようになり、自宅で数名を相手に料理を教えることにしたのです。

 

ママ同志でおしゃべりを楽しみながらみんなで料理を作るという「お料理会」からスタートしました。教えるということに少し抵抗があったのでみんなで集まっての勉強会というような感じでした。そんな会からスタートし、今は自宅サロンとして、ナチュラルフードのレッスンをするようになりました。

 

6.自宅サロンでナチュラルフードのレッスンをするようになりました

 

現在レッスンでは、まず食品添加物のお話や、絶対に避けた方がよい食品添加物のお話なども交えながら、毎回数品のメニューを作って、試食ランチを楽しんでいただいています。毎月、季節にあわせたメニューを考え、来てくださったみなさんが、ご自宅でも再現できるレシピをお伝えするようにしています。

 

ナチュラルフードでも男性も満足できるメニューが作れること、動物性の食材を使わなくてもバラエティーに富んだメニューが作れることなどを伝えながらレッスンをしています。

 

 

はじめての方は、試食の時に想像していたのと違うと驚かれることが多々あります。ナチュラルフードは、とにかく地味でストイックな食事というイメージが強いからのようです。

 

しかし、ナチュラルフードは、決して健康のために無理や我慢をして食べるものではありません。いくらでもメニューの幅も広がりますし、おしゃれなメニューもたくさん作れます。楽しく、無理なく続けていただける料理です。

 

レッスンでもすべてのメニューをナチュラルフードに変える必要はないとお伝えしています。身体の調子を整えるためにそれぞれのペースで取り入れていただければと思っています。

 

7.「大人の食育」に目を向けて活動の幅を広げていきたいと思います

 

海外では日本よりもナチュラルフードやベジタリアンの比率が高く、その地位もある程度確率されているようです。日本でもこれからは、肉・魚の次にくる選択肢のひとつとしてナチュラルフードがくるのではないかと思っています。

 

例えば、自宅にお客様をお迎えするときにベジタリアンの方がいたとしたら・・・子供のパーティーに招待したお子さんがアレルギーを持っていたら・・・。ナチュラルフードの知識はこれから先、もっともっと必要とされてくるように思っています。

 

「食育」も今までの子供にむけてのものだけでなく、これからは大人への食育も必要になってくると言われています。食事の取り方で生活習慣病の予防なども期待できるからです。私もこれから「大人の食育」にも目を向けて、料理教室の幅を広げていけたらと思っています。

 

人間の身体はすべて口から入ったもの、つまり食事でできています。健康で丈夫な身体を作るには、安全な食事が絶対に必要なのです。それには、食材を選ぶ確かな目、そして知識が必要です。人に教える場がなくても、ナチュラルフードの知識は家族の健康を守る手助けになる資格だと思います。