【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育資格の体験談2】「食生活アドバイザー」の体験談

「調理師免許」と「食生活アドバイザー」の資格をお持ちのYURIさんから体験談をいただきました。高校生のころに調理師免許を取ったというYURIさん。その後、就職・結婚を経て、将来的に定食屋さんを開きたいという夢を持つようになったそうです。そこで、お店を経営するための知識なども広く学べる食生活アドバイザーの資格に挑戦することにしたそうです。

 

「食生活アドバイザー」とはどんな資格か?


 

1.母のアドバイスで調理師免許を目指すことになりました

 

「調理師免許」と「食生活アドバイザー」の資格を持っています。それらの資格を取ったきっかけや、これから資格を取ろうと思ってる方にアドバイス的なお話をさせていただきます。

 

調理師免許は17歳のときに取得しました。当時の私は高校生でなんとなく学校へ通い、気分が乗らなければ午後の授業をさぼって電車に乗ってでかけたり、友人と共に早退して自宅でおやつを食べながら他愛もない話しをしたりして過ごしていました。

 

そんな私の行動を見かねた母が、「一生役に立つ資格を身に付けなさい」と提案してくれたのが資格取得のきっかけでした。幼い頃からお料理が好きだった私に最適だと母が選んでくれたのが調理師でした。

 

2.調理師専門学校の夜間部に通い始めました

 

昼間は高校へ行き、夕方からは調理師専門学校の夜間部で実習や学科の授業を受けました。学科の授業は退屈な時もありましたが、実習の日は講師の先生方の技を実際に見ることができましたし、実習後にはその日の課題で作った料理をクラスメイトと一緒に食べました。

 

そうやって幅広い年代のクラスメイトと共に1年半学び、高校3年生の秋、無事に調理師免許を取得しました。今となっては、同時に二つの学校に通っていたなんて頑張ったんだなと思うのですが、当時の私は専門学校へは放課後の部活動感覚で通っており彼氏とのデートより調理師学校での授業を優先していたので、調理師学校生活を楽しんでいたんだと思います。

 

調理師免許を取得しました

 

調理師学校に通うようになってからは不思議と高校の授業をさぼることもなくなりました。

 

3.専門学校でもらった立派な包丁は今でも宝物です

 

専門学校の教材に、包丁セットがありました。それまでに見たことのないような分厚くて重い数種類の包丁。三種類の砥石を使って手入れをします。それを怠ると切れ味が悪くなったり錆びたりするような、なかなか手の掛かる包丁たちは、今でも私にとって大切な宝物です。

 

本当は毎日使うといいのでしょうが、とにかく手入れが大変なので、ケースに入れて大切にしまってあります。そして時々眺めています。

 

4.就職して結婚。料理は全く苦になりませんでした

 

専門学校と高校を卒業後、本来ならば食に関する仕事に就くところなのですが、全く別の職種の仕事に就いて過ごし、その後間もなく結婚しました。調理師の免許を取得していたおかげで、結婚生活が始まっても食事に関しては全く困りませんでした。

 

フルタイムで仕事をしていましたが、お弁当を作り、夕食を作ることも苦になりませんでした。初めて主人のご両親を家に招きおもてなしした時には肉じゃがを作り、義父に褒められたのを覚えています。

 

5.調理師免許を持っているというだけで自信につながります

 

国家資格を持っていても社会の中で役に立っていなければ意味がないと思う一方で、調理師免許を持っているというだけで自分に自信が持てるのも事実です。

 

日々の生活の中で、家族の健康状態や好みであったり、冷蔵庫に入っている食材であったり、限られた時間であったり、さまざまな状況や条件の中でもお料理を楽しむ事が出来ているのは、その自信があるからだと思っていますし、これからも家族の為においしい食事を作ろうと思っています。

 

6.将来のために食生活アドバイザーの資格も取ることにしました

 

衣食住は生きていくうえで切っても切り離せない事柄です。家族を持ち、それがより身近になり、もう少し食に関する知識を身につけたいと思うようになりました。と同時に、将来、定食屋さんをやりたいなと思うようにもなり、その準備の意味も込めて、食生活アドバイザー3級と2級の免許を取得しました。

 

食生活アドバイザーに挑戦することにしました

 

今回は通信教育の講座を受講して試験に臨みました。資格試験の本を購入して独学で資格取得という方法もあったのですが、まず漠然と「食」に関する資格が欲しいと思い立ったのが始まりだったので、通信教育の資料を取り寄せて資格の内容、資格取得条件、試験実施日、受講費用と受験費用などなどを調べて食生活アドバイザーに決めました。

 

勉強に掛かる費用だけを考えると独学の方が安いのですが、出題範囲が広いので、教材が揃っている通信教育を受けることにしました。栄養素の役割や原材料表示の内容、食中毒や地域の食文化など、毎日の生活の中で役立つ知識が身につくことと、お店を経営する立場になる為にどのような知識が必要かがわかることが食生活アドバイザーに決めた理由です。

 

7.久しぶりの資格試験なので勉強するのが大変でした

 

試験を受けようと決めてから試験までは約5ヵ月ありました。調理師免許を取得した時と違って、試験日までの勉強をどのように進めていくかを自分で決めなければなりません。通信教育だと自分のペースで勉強を進められますが、「今日は勉強はいいや」も簡単にできてしまうわけで、それはつまり自分で調整してうまく時間を使わなければならないという事でした。

 

通信教育で勉強して受験しようと決めるまでは早かったのですが、勉強の進め方までは考えておらず、そこで慌てました。まずは教材に基づいて勉強の計画を立てることから始めました。

 

以前にも他の資格を取った事があり、その時も自分で計画を立てて受験しましたが、今回は久しぶりだったのでどのように勉強を進めれば良いのかわからず、とりあえず5ヵ月あるから教科書毎にそれぞれ均等に分けてみたのですが、実際は試験の1か月前が一番詰めて勉強したと思います。

 

8.特に暗記の勉強に苦戦してしまいました

 

試験問題には筆記もあり誤字脱字は不正解です。使い慣れない漢字や聞きなれない単語も多く出てきたので漢字の練習もしましたし、英語の名称を略した用語もあり、英単語を調べて覚える必要もありました。

 

暗記は昔から苦手なので大変だったのですが、漢字や用語などは付箋にメモしてキッチンの壁一面に貼り付け、お料理をしながらメモを見て覚えました。食中毒の種類や症状などは一覧にして携帯で写真を撮り、バスの待ち時間などを利用して繰り返し確認して覚えました。

 

他にも散歩をする時には呼吸を意識しながら歩き「私は今有酸素性運動をしているんだな」と思ってみたり、スーパーで納豆の原材料欄を見て、大豆にわざわざ(遺伝子組み換えでない)と書いてあるのを見て、知らない人はそう書いてなければ判断できないよねと思ってみたり、家で使っている器を見て、これが陶器でこっちが磁器だと確認してみました。

 

9.食品衛生学は調理師学校時代から苦手でした

 

食品衛生学は調理師学校で習っていたので全くの無知ではなかったのですが苦手分野でした。でも当時と違い、今は私自身が家族の食事を作っているので毎日の食生活に直接関わる分野であるのと、ちょうど夏に試験勉強をしていたこともあって、以前よりも身近に捉えることができました。

 

そんな風に普段の生活の中で、勉強した内容を意識して復習するように心がけました。ただ、食材の原価率の計算は日常生活でしたことがなかったので難しかったですし、実際に試験では回答を諦めました。教材に沿って勉強を進め、問題集を解いた後に復習する方法でなんとか試験に間に合いました。

 

10.なんとか無事に食生活アドバイザーの試験に合格しました

 

試験当日、会場には男性、女性、いろいろな年代の方が来ていました。室内にはなんとも形容しがたい独特の空気が漂っていて緊張しました。幸い一番前の席で他の受験者たちが視界に入らなかったので集中することができました。集中はできたけど、暗記しきれていない項目もあって筆記問題には空欄ができてしまいました。

 

それでもなんとか無事に一回目の受験で2級と3級を取得する事ができました。正直なところ、合格できる自信がなかったので、合格通知が届いた日はとても嬉しかったです。

 

食生活アドバイザーの2級と3級を取得できました

 

受験するまでに主婦としての経験と身に付いたちょっとした知識が地盤にあったのと、専業主婦だったので勉強時間が十分に取れたというのも合格できた理由だと思います。協力してくれた家族にも感謝しています。

 

11.今後、取得した資格たちを活用していきたいです

 

頑張って勉強して、その結果試験に合格出来た事は、私もやればできるんだという自信になりました。次はこの自信と資格たちを十分に活用する道を探すつもりです。

 

資格取得は将来の夢を叶える準備でもありますが、まずは勉強して得た知識を日々の生活に生かす事ができればいいなと思っています。

 

 

「食生活アドバイザー」とはどんな資格か?

資料を請求するならこちら(※無料です)