【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育資格の体験談12】食育アドバイザー

食育アドバイザーの資格をお持ちの主婦の方にお話をうかがいました。空き時間をムダにするのがもったいないと思って資格取得を考えたとのこと。もともと料理に興味があったということもあって、食育関連の資格を取得することにしたそうです。食育を通じて、お子さんの心と体を成長させていきたいというお話に、とてもあたたかい気持ちになりました。


 

1.時間を有効活用したくて資格をとることにしました

 

私が食育アドバイザーの資格を取得したときの体験談をお話しします。初めて出産して1年が過ぎようとした頃、夜少しだけ自分の時間が取れるようになりました。子供を寝かしつけた後はテレビを見ながら携帯を適当に触る日々。出産して自分の時間が少しも取れなくて辛かったのにそれではもったいない!何か自分のスキルアップにもなって家族の為にもなる事はないのかとインターネットでスキルアップについて調べているとき、この「食育アドバイザー」の資格取得の勉強に出会いました。

 

元々、料理をすることも食べることが大好きだったので自己流で家庭料理やお菓子、パンなど作っていました。しかしそれは実の母からの受け売りだったりテレビやインターネットからの情報で作っていただけでした。好きなことを何か形にしたいとも思ったし、子供のこれからの食事の質も上げてあげたいし、結婚した時前職を退職していたので再就職の時にも役に立つこともあるかもしれないという思いで勉強を始めてみました。

 

食育アドバイザー通信講座のテキスト

 

食育アドバイザー通信講座の資料

 

インターネットで予約して1週間ほどで教材が届きました。テキストが6冊、添削問題1冊、DVDは5枚セット、おかずのレシピ集2冊と説明書が入っていました。まずは学習スケジュールの設定から始めます。「最速4カ月で取得可能!」となっていましたが私は勉強スタートから半年で資格を取得するという自己目標を立ててみました。

 

私が選んだ教材の業者は勉強スタートから資格を取得するのまで、合計400日までサポートしてくれるということだったのですが、私は飽きやすいタイプなので早めにやりきろうと思い、半年を設定しました。

 

2.分かりやすい教材で比較的スムーズに勉強できました

 

いざテキストや添削問題、DVDを手にしてみるとその多さ、分厚さに少し驚きました。しかし中身を見てみるとカラフルで写真も大きく載っていて食材1品ずつまとめてあり、わかりやすかったので意外と楽しく読んでいけそうでした。

 

資格取得までの日にちの計算上、最低でも1日4食材は読まないといけなかったので毎晩子供を寝かしつけ、残った家事を終わらせた後夜10時ごろから勉強をしました。私は読むだけでは頭に入らないタイプなので、別のノートに食材のイラストと要点をまとめて書いて勉強を進めていきました。

 

一生懸命に勉強して課題を提出していきました

 

丁寧に添削してもらってモチベーションが高まりました

 

さらに付属のDVDもテキストと同時に見ていきます。テキストに書いてある内容を動画で見ることになるので、さらに覚えることができます。様々な調理法も収録されています。基本的な野菜の切り方、魚のさばき方、野菜炒めなど簡単な料理の調理手順なども実演されていました。

 

そして指定のテキストとDVDの学習範囲が済むとそこまでの内容での添削問題があります。これも自宅で行います。一問一問テキストや自分でまとめたノートを再確認しながら問題を解いていくことが可能です。再確認しながらやるとさらによく頭に入っていきます。

 

回答用紙を郵送すると添削と励ましのコメントが付いて返送されてきます。添削されて返送されてくるのがちょっとした楽しみになっていましたね。育児で心が疲れてしまっている時の息抜きにもなってくれていました。

 

3.地道に勉強してきたので試験は簡単に感じました

 

夜の勉強時間を確保するためには子供を早めに寝かせたい!その為にはたくさん遊ばせて疲れさせたい!すると自然と朝からどのように行動するべきか考えていけたので、いいきっかけをもらいました。おかげで子供も1日の生活のリズムがしっかり付きました。

 

しかし途中やはり飽きてくる日ももちろんありました。馴染みのある食材ならどんどん頭に入ってくるのですが、名前すら知らない食材になると集中力が散漫したりしていました。そんな時は隣でテレビを見ている旦那とジュースを飲みながら気合いで乗り切ってみたり、DVD学習にしてみたりしました。あ、どうしても眠たい日や子供がやたら起きる夜は勉強をお休みしていましたよ(笑)

 

食育アドバイザーの検定試験問題用紙

 

食育アドバイザーの合格証

 

全添削問題が終了するといよいよ最後の資格取得テストです。これも自宅で行います。いままでの添削問題と同様、テキストを見て再確認しながら問題を解くことができます。これまでの添削問題を解くことができれば、難なく解ける問題ばかりでした。晴れて資格を取得することが出来き、感動してしまいました。結局取得するまでに7カ月かかってしまいましたが、とても楽しい日々を過ごしていたと思います。

 

資格を取得する前の勉強期間にもテキストを開いて、風邪や怪我の治癒が早くなる食材は何かなと探したり、いま冷蔵庫にある食材にはどんな調理法が最適かなどを調べながら料理しています。さらに地方の産直市場やご当地スーパーに行った際、見たことのない食材を買ってきてテキストを見ながら調理するときもありました。近所のスーパーじゃいつも同じ物を買ってしまいがちだけど、みたことのない食材を調理するのは楽しかったです。

 

4.資格を活かして今後やりたいこと

 

今後私がやりたいことがあります。

 

野菜づくりを通じて子供の心を育てたい

 

1つ目は子供に自ら栽培した野菜を収穫し、調理して食べるてもらうことです。スーパーで買うのが当たり前ではないということを身をもって知ってもらいたい。生産者の方と触れ合ったり自分で作物の手入れをして人や食べ物への感謝の心を育てたいのです。料理を作る側になれば食べ物を粗末にされたり残された時の気持ちがわかるのではないかと思うのです。ここでも人や食べ物への感謝の気持ちを持った人に育てたいという願いがあります。

 

料理の幅が格段に広がりました

 

郷土料理の継承に貢献したい

 

2つ目は郷土料理の継承です。今私が住んでいるところは海に近く雪の多い地域です。出身は海のない山に囲まれた所なので、ここで出される料理はいつも初めて食べるものばかり! 新鮮なお魚ももちろん美味しいけれど、昔から作られている保存食も美味しいんです。でも若い人たちはあまり知らなかったりするんです。過疎化が進む地域なので無理もありません。ですので私は昔からの郷土料理を若い人たちに広めたいのです。

 

子供も美味しい美味しいと食べてくれます

 

料理教室を開きたい

 

3つ目は我が家で簡単な料理教室を開きたいです。今小学生の家庭科の時間が減っているそうです。そして共働きの家庭も増えています。そんな親子を対象にした「親子でクッキング」が気軽にできる場所を提供したいです。

 

さらには野菜は畑からの収穫も体験してもらいたい! 野菜には土が付いているのが当たり前だし虫食いがあって当たり前、形がいびつで当たり前というのも経験してもらいたいです。泥だらけになって収穫した野菜を使って、親子でわいわい触れ合いながら調理をしてもらいたいです。

 

以前、SNSに掲載していた写真

 

メニューは簡単な物にします。事前にアンケートを取っておいて順番に作っていってもいいですね。野菜を使ってカレーを作ったり、そのカレーを使ってカレーパンを作ってみたり、ピザ生地に乗せてみたり。もちろん野菜を生のまま食べたり。嫌いだった野菜を食べた子供たちの顔を見てみたい! きっとキラキラ輝く笑顔を見せてくれると思います。そんな当たり前だけど忙しい日々でなかなか出来ない事を楽しく出来る場所にしていけたらいいなと思います。

 

時には祖父母と一緒に郷土料理も作ってみたりしたい! これこそあまり経験出来ない時間なのではないでしょうか。保存食は時間と手間をかけて作られているものが多いです。それを子供たちにも知ってもらいたい。そして大人になったら是非作って自分の子供にも食べさせてほしいと願います。

 

5.食育を広めていくことが私の夢

 

以上が私の食育アドバイザーの資格を取得した体験談と今後行いたいことでした。子育てと家事ばかりの単調な日々をメリハリのついた日々にしてみませんか? 毎日当たり前のように作っている食事を少しだけ意識を変えて作ってみませんか? 子供や旦那様に食材の美味しさをさらに知ってもらいませんか? 子供たちに食べ物の大切さ、伝えていきませんか? ぜひ一緒に食育を広めていきましょう!

 

 

「食育アドバイザー」とはどんな資格か?

資料を請求するならこちら(※無料です)