【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育資格の体験談10】フードコーディネーター等

「フードコーディネーター」「食生活アドバイザー」、そして「栄養士」などの資格をお持ちの方に体験談をいただきました。「食生活アドバイザー」に関する話が中心になっていますが、いろいろバタバタしている中で合格証を紛失してしまったとのこと。ですが、当時一生懸命に勉強したことが、今でもすごく役に立っているとのことでした。食に関する資格を「社会」に活かす道もありますが、「家庭」に活かすという道も貴重なことではないかと思いました。


 

1.母が用意してくれる食事に愛情を感じて育ちました

 

幼い頃から、偏食で小食、そのうえアレルギー持ちだった私はいつも母に心配をかけていました。しかし、母の愛情たっぷりの食事で元気に成長することができました。食事は人間が生活する上でなくてはならない物だと思いますし、食事一つで病気を予防したりする効果もあるほどです。

 

そんな食事の大切さを幼いころから実感してきた私は、将来は「食」に関する仕事に就きたいと思うようになりました。食事の大切さを多くの人に伝えたい、食事で人を元気にしてあげたい、そんな思いが強くありました。

 

母は私が幼いころから夜勤の仕事もこなしつつ、いつも手作りのごはんを用意していてくれました。夜勤明けにも関わらずお弁当を欠かさず作ってくれました。夜勤が続くと顏を見ない日も多かったのですが、それでも必ず私のごはんをしっかりと用意していてくれたのです。そんな母の愛情を私は食事を通してしっかりと受けたと実感しています。食事一つで愛情すらも感じられることができるのです。

 

 

しかし、現代は外食やファーストフードの種類が豊富でそればかりに頼っている人も多くいます。それゆえに生活習慣病や心の病気にも影響しているといっても過言でないと思うのです。私はそんな人達にも、食事の大切さや、食事一つでこんなにも幸せを感じられることができるんだといったことをどうしても学びたくて高校を卒業すると短大に進み栄養士になるためにそこの栄養科を専攻しました。

 

栄養科では、栄養や食事について実に様々なことを学んだのですが、その中でもやはり規則正しい食生活がいかに人間にとって大事なことかをひしひしと感じました。在学中にもっと食について勉強したくて、食生活アドバイザー2級とフードコーディネーター3級の資格も習得しました。

 

2.栄養士だけではなくいろいろな資格に挑戦しました

 

在学中に「食生活アドバイザー」という資格があることを知りました。3級から受験可能で、私は卒業までに2級を習得しようと心に決めたのです。栄養学の基礎知識に加えて、食生活についてや生活習慣、料理の盛り付けから季節の食事、生活習慣病など病気のことなど、実に様々な知識が必要でした。

 

とりあえず、私は食生活アドバイザーの参考書や問題集を購入して勉強をしました。その他にも、普段栄養士の勉強で使っている教科書の内容もかなり役に立ったので、栄養士の資格を取る学校に通っている人は、食生活アドバイザーの資格を習得するのにはとても良い環境にいると思うので、是非とも資格を取ることをおすすめしたいです。

 

 

栄養士の資格習得のためには、必須科目の単位を全て取り受験資格をもらいます。卒業前に栄養士認定試験を受けて、栄養士の認定を受けます。その時の認定がA〜Cまであって、Aが最も優秀な栄養士だという評価になっています。

 

栄養士は、活躍する場が保育園・施設・病院などそれぞれに合った食事を提供することが求められるため医療や子供についてまで実に幅広い知識が必要な上、必須科目の単位をもらわないと受験資格すらないため、栄養士になるための専門の学校に通う必要があります。

 

そしてフードコーディネーターの資格は、栄養科の必須科目とフードコーディネーターになるための必須科目の単位をもらうことが出来ると、自動的にフードコーディネーターの資格がもらうことができます。なので、食関係の資格を習得したければ、栄養科のある学校に通う事が一番の近道といえるでしょう。

 

 

しかし、その点食生活アドバイザーは、誰でも受験することができます。今ではユーキャンなどでも勉強することもでき、活躍の場も学校や地域と様々な場で活躍している人も多いため実にニーズの高い資格といえるでしょう。

 

そのうえ、これだけ食生活が多様化している現在、食生活についてアドバイスを求めている人も多くいます。栄養士は保育園や病院など決められた組織で動くのに対して、食生活アドバイザーは場所を選びませんし、普段の生活にも実に役に立つ資格です。

 

3.勉強時間を確保することがとても大変でした

 

そんな恵まれた環境にいた私でも、多少なりとも苦労はしました。まず、栄養士になるための勉強と並行して食生活アドバイザーの勉強もしなくてはなりません。さらに、私は医療事務の資格も取ろうと勉強していたため、多くの勉強時間が必要でした。

 

そのうえ、短大ということもあって必須科目もわりと詰めて入っていたため、大学のようにゆったりとした時間割ではありません。学校がないときには、生活費を稼ぐためにバイトをしていたので、空き時間を利用して勉強しようにもなかなか空き時間が取れず、勉強時間の確保に一番苦労しました。

 

とにかく、在学中にあらゆる資格を取っておきたくて、勉強していましたがあの頃はさすがに自分でも欲張りすぎたかなといった感じがします。

 

食生活アドバイザーの受験は年に2回あります。7月と11月にあるのですが、2級も習得したかった私にとって一度目の受験から一発合格を決めたいところでした。私が受験した頃は、思いのほか受験する人が少なかったです。なので、思った以上に緊張することなくリラックスして受験することができました。問題の内容は、3級は1〜5までの選択問題で、2級になるとそれに記述式の問題が加わります。

 

食生活アドバイザーの合格発表が近づくたびにドキドキしていました。もしも失敗したらどうしよう…受験するにも受験料がいるためお金の問題もあったので学生にとっては、何度も何度も挑戦したいものではありません。合格と知ったときには、嬉しい!といった気持ちよりもホッとした気持ちの方が大きかったです。

 

私は、栄養士の勉強もしていたので、受かって当たり前の気持ちでもいました。食生活アドバイザーの受験をする人の中には一般の人もいるため、栄養科で食について勉強しているというプライドもあったのだと思います。とにかく合格という二文字を見た時は、心底ホッとしました。

 

4.取得した資格は「家庭」で存分に活かしています

 

短大を卒業してから、私はしばらく病院の栄養士で就職しましたが、人間関係がうまくいかずにすぐに辞めてしまいました。あんなに苦労して習得した食生活アドバイザーの資格証明書も結婚してバタバタしているうちにどこかに行ってしまいました(笑)そのため栄養士の認定証とフードコーディネーターの証明書しかなかったのですが、あの頃必死で勉強した食生活アドバイザーの資格が無駄になったかといえば決してそんなことありません。

 

なぜなら、現在0歳と2歳の子供と愛する夫のために役に立っています。食生活アドバイザーだけでなく、栄養士やフードコーディネーターの資格も家族のために存在しています。私は、この資格を社会に生かすことはできなかったけれど、自分の一番大切な家族に対して思うぞんぶん生かすことができていると信じています。

 

特に子供時代の食生活の大切さは、自分の親から教わりました。それゆえに、短大で勉強してまでも食事をすることの意味を伝えたかったのです。一番大切な家族にも、私の母が教えてくれたように私も家族に食を通して愛情を伝えることができたらいいなと思うようになりました。今後は、愛情たっぷりの食事で家族に健やかでいてもらいたいです。もちろん体だけではなくて、心も同じように健やかでいて欲しいと願っています。

 

我が家には、食事をする台所にはTVをつけていません。それは、食事をしながら家族で会話することの大切さを知っているからです。家族でおいしい食事をとりながら会話をすることは、子供のちょっとした変化をすぐに感じることができます

 

(今日は何かあったのかな)
(今日は何か楽しそうだな)

 

会話をすることで子供の様子に気を配ることができます。子供の様子をいち早く察知できるのは、食事をする時だと身をもって知っています。私は、これからも食を通して、家族との絆をしっかりと深めたいと思っています。

 

栄養士やフードコーディネーター、食生活アドバイザーなど、食に関することの資格を取りたい方に私がアドバイスすることは、食事をすることが好きであってほしいです。そして、食に関して興味を持ってほしいです。食に対して興味がある人は、勉強するたびに色んな発見があってとても面白いです。興味があるからこそ、色々学ぶことが楽しくなってくるし、勉強も苦にならないと思います。

 

 

「食生活アドバイザー」とはどんな資格か?

「フードコーディネーター」とはどんな資格か?