【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育Q&A】食事バランスガイドって分かりにくくないですか?

子供が好き嫌いが激しく、栄養バランスの大切さについて教えたいと思っていて、食事バランスガイドのイラストを使って説明しようと思ったのですが、食事バランスガイドってよく見ると分かりにくくないですか?一見分かりやすそうな感じですけど、食事バランスガイドって正直言ってなんだかよく分からないです。子供にどうやって説明すればいいと思いますか?

「食事バランスガイド」というのは、こちらのイラストのことですね!

 

 

【出典】
農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/

 

 

 

「食事バランスガイド」(※クリックで拡大)

 

 

個人的には、よく考えられたイラストだと思いますが、、、

 

駒(コマ)は一般的に男の子の遊びなので、
女性には潜在的にとっつきにくく感じるかもしれません。

 

 

食事バランスガイドは何を表してるの?

 

 

食事バランスガイドのコンセプトとしては、
健康というのは駒みたいなもので、
バランスが大切ですよ!というものです。

 

 

駒というのは、しっかりと回っていないと
バランスが崩れて倒れてしまいます。

 

それと同じように、栄養のバランスが悪いと、
健康が損なわれてしまいますよということです。

 

 

そして・・・

 

 

駒をバランスよく回すための前提として、
駒の「形」と「回転力」の2つが重要になってきます。

 

 

駒の「形」がおかしくなっていませんか?

 

 

そもそもの話として、
駒がいびつな形をしていたら、
回そうとしてもうまく回ってくれません。

 

きちんと逆三角形の形をしていて、
中心にしっかりとした軸があって、
回りやすい形を整える必要があるわけです。

 

  • 駒の軸・・・水・お茶
  • 駒本体(4段目)・・・主食(1日5〜7つ)
  • 駒本体(3段目)・・・副菜(1日5〜6つ)
  • 駒本体(2段目)・・・主菜(1日3〜5つ)
  • 駒本体(1段目)・・・牛乳・乳製品(1日2つ)、果物(1日2つ)
  • 駒を回すひも・・・菓子・嗜好飲料

 

主菜、副菜などの1日の摂取量が適切でないと、
よく回る駒にはなりません。

 

つまり、健康が維持できないということです。

 

 

駒の「回転力」が不足していませんか?

 

 

駒の形を整えることができたら、
次は駒を勢いよく回す必要があります。

 

そして、駒を勢いよく回すための
原動力になるのが適度な運動です。

 

  • 駒の回転力・・・運動

 

バランスのいい食事をして、
適度に運動することによって
健康という駒が回り続けてくれるわけです。

 

 

お子さんに食事バランスガイドを説明する前に!

 

 

お子さんに食事バランスガイドを説明するのであれば、
まずは実際に駒を回してみることが大切です。

 

100円ショップとかで売ってたりしますし、
なければ爪楊枝とダンボールなどで
子どもといっしょに自作するのもいいと思います。

 

 

バランスのいい形をした駒を用意して、
上手に回転力を与えることができれば
駒がよく回るという体験をさせてあげましょう。

 

そのうえで、食事バランスガイドについて
説明してあげれば、子供も実感として
なるほど!って思ってくれるはずです。