【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育資格Q&A】マクロビ生活を続けるのは難しい?

健康やダイエットにいいと言われるマクロビに、とても興味はあるのですが、生活にかなり制約が出てしまいそうでやってみるかどうか悩んでしまいます。マクロビ生活をしっかりやるのは難しそうな気がしますが、実際のところどんな感じなんでしょうか?無理なく続けられるものなんでしょうか?

当サイト管理人はマクロビ実践者ではありませんが、
おそらくそれほど難しいものではないと思います。

 

 

本来、マクロビというのは、日本人が伝統的に
食べてきた「和食」の一形態ですし、、、

 

白いご飯、野菜の煮付け、焼き魚などの
私たちに馴染み深いメニューを中心とした
食生活のスタイルだからです。

 

 

私の個人的な認識で言うと、、、

 

マクロビというのは、食生活をシンプルにして
「そこにある食材」をおいしくいただくための
知恵なんじゃないかと思います。

 

 

マクロビでは、肉・バター・牛乳などはダメなど、
いくつかの禁止食材があるわけですが、、、

 

たとえばイスラム教のハラールフードみたいな
宗教的に厳密なものではなくて、健康維持のために
自分で決めるルールみたいなものかなと思います。

 

 

つまり、肉・バター・牛乳なども
絶対食べてはダメということではなくて、、、

 

普段は基本的に食べないというルールを守りつつ、
そこにそれしかなければ、それをおいしくいただけばいい
ということだと思うわけです。

 

 

関連して・・・

 

 

たまに問題となるのが、マクロビを実践していると、
友人・知人といっしょに食事することができなくなる
ということがあります。

 

マクロビで禁止されている食材を食べないとなると、
外食しても食べるものがないからです。

 

 

それで、友人・知人と疎遠になってしまったり、
マクロビ実践者だけの集まりみたいなものにしか
参加できなくなってしまったりするわけです。

 

 

しかし・・・

 

 

食事というのは、人間関係を円滑にするためのものでもありますし、
マクロビという価値観にとらわれすぎて
人間関係まで壊してしまうのは間違っていると思います。

 

 

自宅で自分で料理するときにはマクロビを実践し、、、

 

友人・知人と食事するときには、目の前に出された食事を
感謝しながらおいしくいただけばいいだけのことです。

 

 

↑↑↑

 

目の前に出された食事を、おいしくいただくことも、
地産地消の拡大解釈として間違ってないと思うんです。

 

 

マジメな人ほど、「コレとコレは禁止」などと言われると、
厳密に守らなくちゃいけないと思い込んでしまいますが、、、

 

マクロビという「概念」を学んで、自分や家族の健康維持に
エッセンスを取り入れていくという、適度に「ゆるい感覚」が
大切ではないかと個人的には考えます。

 

 

「マクロビは大変そう!」

 

 

そんなマイナスイメージばかりが先行しているのですが、
マクロビは美容・健康にとてもいい考え方ですので
ぜひ「ゆるく」学んでみてはいかがでしょうか?!