【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育Q&A】一人暮らしを始めるので栄養バランスが心配

この春、就職を機に実家を出て一人暮らしをすることになりました。今までは母が食事を用意してくれていましたが、一人暮らしとなると食事を自分で用意しないといけません。実際には外食やコンビニ弁当で済ますことが増えると思うのですが、健康面を考えると多少不安になってきます。一人暮らしで健康的な食生活をするには、どういったことを心がけるといいでしょうか? 簡単にできる方法で何かアドバイスをいただけませんでしょうか?

私も経験がありますが、
一人暮らしを始めると食生活が乱れがちになりますよね。

 

外食やコンビニ弁当が中心になってしまい、
どうしても栄養のバランスがかたよってしまいます。

 

もちろん、外食やコンビニ弁当がダメということではないです。

 

ダメではないんですが、気をつけて食事するようにしないと
気がついたら不健康になっていたなんてことにもなりかねません。

 

 

「食事バランスガイド」を参考にしましょう

 

 

栄養バランスなどといっても分かりにくいですが、
具体的には「食事バランスガイド」が参考になります。

 

 

※クリックで拡大

※出典:農林水産省のホームページ

 

 

「食事バランスガイド」のポイント

 

食事バランスガイドは、1日に何をどのくらい食べればいいかの「目安」を示したものです。イラストにある「つ」というのが分かりにくいですが、おおよそ次のように考えると分かりやすいかもしれません。

 

  • 主食(お米、麺類など)・・・「おにぎり1個=1つ」
  • 副菜(野菜、煮物など)・・・「1品=1つ」
  • 主菜(肉、魚など)・・・「1品=2〜3つ」
  • 乳製品・・・「1品=1つ」
  • くだもの・・・「1個=1つ」

 

正確に「○つ」と計算することに意味はなく、おおよその「目安」として考えるのがポイントです。例えば「今日は副菜を3つ程度しか摂れてないから、夕飯で2つくらい食べようかな!」といった使い方になってきます。

 

 

 

「食事バランスガイド」の効果も分かってきました!

 

 

ちなみに、食事バランスガイドは健康によさそうだな
というのはなんとなく分かるとして、

 

実際に効果があるのかどうか?
実際に健康になるのかどうか?

 

ここが気になるところかもしれません。

 

 

それについては、最近の事例研究で
実際に効果があるという結論が出ています。

 

 

新聞の「くらし欄」で特集されていました

 

 

国立がんセンターが約15年間に渡って
男女約8万人を追跡調査したところ
次のようなことがわかったそうです。

 

  • 総死亡率が15%減
  • 脳血管疾患による死亡リスクが22%減

 

脳梗塞などの脳血管疾患は
日本人の死亡率の上位を占めていますが、
食事バランスガイドを意識した食生活をすることで
リスクをかなり減らせるということですね。

 

 

ということで、
これから一人暮らしを始めるのであれば、
次のように考えてみるといいかもしれません。

 

  • 外食やコンビニ弁当でもOK
  • ただし、食事バランスガイドを参考にして栄養バランスに気をつける

 

最初はできる範囲でかまわないと思います。

 

できる範囲でかまわないので、
栄養バランスに配慮した食生活を心がけてください。