【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育Q&A】プロのフードコーディネーターを目指すための準備

はじめまして。現在大学に通ってるものですが、将来フードコーディネーターになりたいと思って悩んでいます。このままだと、普通に就活してどこかの会社に就職することになると思うのですが、普通の会社勤めのOLというのは自分にはあまり向いていない気がしています。どちらかと言うと、何か手に職を付けてフリーランスで活躍して、将来的には起業するような生き方のほうが自分に合ってるような気がするんです。そこで今考えてるのが、フードコーディネーターの仕事をやってみたいということです。食品関係のCMとかに携わってメディアの第一線で活躍したいと思っているのですが、プロのフードコーディネーターを目指すために今のうちからどんな準備をしておく必要があるでしょうか?真剣に悩んでいますのでよろしくお願いいたします。

普通に就活して会社にお勤めするのもいいですが、
フードコーディネーターのような自分の実力で勝負していく
生き方を選ぶのもおもしろいですよね。

 

フリーランスでやっていくのは大変だとは思いますけど、
軌道に乗れば普通の会社員とは比較にならないほどの
収入があるかもしれません。

 

収入だけではなく、その道のスペシャリストとして
尊敬されるような存在にもなれるかもしれないですね。

 

ぜひがんばってみてほしいなと思います!

 

 

ところで・・・

 

 

そもそもフードコーディネーターとは?

 

 

フードコーディネーターってどんな職業なのかってことですが、
一番分かりやすいのは「テレビCM」の料理シーンを
監修するお仕事かもしれませんね。

 

いわゆる「シズルカット」と呼ばれるものですけど、
例えばスパゲティーを茹でてるシーンとか、
お肉をジューッと焼いてるシーンとか、
ビールの泡がシュワーッと盛り上がるシーンとか、
視聴者が思わず手に撮りたくなるような料理シーンを
演出するお仕事ですね。

 

 

それ以外にも、カタログ・パンフレットの監修であったり、
雑誌広告やポスターの監修であったり、
商品パッケージの監修であったり、、、

 

食品のコマーシャルに関連するあらゆることが
お仕事になる可能性があります。

 

 

それこそ自分の実力次第で
無限に可能性が広がる職業だと思います。

 

 

フードコーディネーターを目指すためにどんな準備が必要?

 

 

では、フードコーディネーターになるには
具体的に何を準備すればいいでしょうか?

 

とりあえずは、フードコーディネーターの資格を
早めに取得しておくことが大切ですね。

 

 

【関連記事】フードコーディネーターの資格について

 

 

通学講座になるのでちょっと大変かもしれませんが、
プロを目指すのであれば最初にしっかりとした
技術を学んでおいた方がいいのは言うまでもないです。

 

実習中心の講座でしっかり学べるので、
なるべく早めに始めることをおすすめしたいです。

 

 

そのうえで、個人的にもいろいろ準備していきましょう。

 

例えば・・・

 

 

料理を覚えましょう!

 

 

フードコーディネーター資格の講座でももちろん教えてもらえますが、
普段の生活の中でも積極的に料理を覚えていきましょう。

 

料理っていうのは、基礎知識を学んだうえで
実践すればするほど上手になっていくものだからです。

 

 

テレビCMやポスター等で見るに耐えるレベルの料理は
一朝一夕にできるようになるわけではないですよね。

 

ピカピカできれいな料理をササッと作れるように
とにかく料理を覚えることがフードコーディネーターとしての
大前提になるわけです。

 

 

もちろん、和・洋・中、お菓子など
あらゆる料理をきれいに作れないと仕事になりません。

 

撮影の現場で「できません」などということは許されないので、
普段の生活の中で積極的に料理を覚えていきましょう。

 

 

写真や動画を撮ってみましょう!

 

 

料理を作ったら、写真や動画を撮ってみましょう。

 

スマホでスナップ写真的に適当に撮るんじゃなくて、
照明にこだわって、お皿にこだわって、盛り付けにこだわって、
テーブルコーディネートにこだわって、湯気やシズルにこだわって、、、

 

しっかりこだわってプロとして写真を撮ってみましょう。

 

 

場合によっては、生花とか、絵画とか、子供の笑顔とか、
料理以外のアイテムの使い方も勉強しましょう。

 

 

おいしいものをいっぱい食べましょう!

 

 

食品のおいしさを伝えるためには、
おいしいものをたくさん食べて
実感として経験しておくことが大切です。

 

いろんなレストランに行ってみて
いろんなおいしいものを食べてみてください。

 

 

そして、いろいろ積極的に観察してみましょう。

 

  • どんな味付けをしているのか?
  • 食材をどういうふうに解釈して使っているのか?
  • 盛り付けのルールはあるのか?
  • お皿はどういうものを使っているのか?

 

分からないときは、お店の職人さんたちに
直接質問してみてもいいと思います。

 

きっと優しく教えてくれるはずですよ。

 

 

・・・

 

 

プロとしてフードコーディネーターのお仕事をやっていくには
身に付けないといけない知識や技術が無限にあります。

 

大変ですが、それだけやりがいのあるお仕事です。

 

挑戦してみるだけの価値があると思いますので、
ぜひがんばってみてくださいね!