【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育Q&A】なぜ妻が夫の食事を用意しないといけないのか?

結婚して5年になりますが、食事を作るのが苦痛で苦痛でたまりません。現在3歳になる子供がいて、育児ですごく忙しいのに、なぜ私が食事の準備を毎回やらなくちゃいけないんでしょうか?夫は在宅でデザイナーの仕事をしているので、朝ごはん、昼ごはん、晩ごはんと、一日3食を365日用意しないといけません。私は専業主婦だから食事の用意をするのが当たり前という認識なんだと思いますが、妻の私が全部の食事を用意しないといけないという法律があるわけでもないですし、そういう契約で結婚したわけでもありません。なのに、なんで私が食事を用意しないといけないんでしょうか?私の考え方はわがままですか?非常識なんでしょうか?これからもずっと私が食事を作り続けないといけないかと思うと、頭がおかしくなりそうです。

毎日毎日食事を用意するのって、
とっても大変なことですよね。

 

  • 何を作るか考えるのも面倒
  • 食材を買いに行くのも面倒
  • 料理するのも面倒
  • 後片付けも面倒

 

これが一日3食、365日フル回転ってことだと、
うんざりしてしまうのも無理ないです。

 

 

かと言って、旦那様は自宅でお仕事されてるわけですし、
旦那様に食事を作れっていうのも無理があります。

 

旦那様は旦那様で、家計を守るために
責任感を感じながらお仕事してると思うんです。

 

 

だから、旦那様とご相談者様とで、
役割分担して生活していくしかないと思います。

 

女性差別という意味ではなくて、
2人だけで家庭をきりもりしていかないといけないので
お互いの作業キャパを考えると仕方ないんですよね。

 

 

ちなみに・・・

 

 

一昔前なら、ご相談者様のような悩みは
我慢する以外の方法はなかったと思いますが、
最近ではいろいろ工夫する余地はあります。

 

例えば、、

 

 

シルバー人材センターに相談してみる!

 

 

全国各地にシルバー人材センターというのがあって、
シニアの人材を派遣してもらえるサービスをやってます。

 

↓↓↓

 

全国シルバー人材センター事業協会
http://www.zsjc.or.jp/

 

 

シルバー人材センターには、
料理などの家事を得意としているお年寄りが
おおぜい登録していらっしゃいます。

 

そういう方に週に何回か来ていただいて、
買い物や料理などやってもらうのがおすすめです。

 

 

シルバー人材センターは営利目的ではなく
お年寄りの「生きがい」につなげるのが目的で運営してるので、
かなり格安で利用できます。

 

お年寄りは子育ての経験も豊富だったりするので、
いろいろ相談にのってもらうのもいいかもしれないですね!

 

 

宅配健康食のサービスを利用してみる!

 

 

もうひとつ、最近利用者が増えているのが
宅配健康食のサービスです。

 

例えば、次のようなサービスですね。

 

↓↓↓

 

ウェルネスダイニング わんまいる

おいしいと評判の宅配食

わんまいる

全国30万世帯が利用中

 

 

 

減塩食など、健康に配慮したおいしい料理ばかりなので、
旦那様も味に文句は言わないと思います。

 

一度、旦那様と話し合ってみて、
ご相談者様が精神的に疲れてることを理解してもらって、
短い期間でもお試しで利用してみるといいですよ。

 

 

・・・

 

 

ご相談者様の場合、料理するのがイヤというよりも、
毎日毎日、逃げ場のない生活に疲れてしまって、
うんざりしていらっしゃるんだと思います。

 

シルバー人材センターを利用してみたり、
宅配健康食のサービスを利用してみたりして、
適度に休める環境を整えていくといいですよ!