【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

【食育Q&A】3食バランスよく食べるメリットって何ですか?

子供に3食バランスよく食べるメリットを教えたいのですが、実際のところなぜ3食バランスよく食べたほうがいいのか私自身が分からなくなってきました。3食バランスよく食べるメリットは何か、子供にどういうふうに教えたらいいかアドバイスをいただけませんでしょうか?

子供ってどうしても好き嫌いがあったりして
バランスよく食べさせるのに苦労してしまいますよね!

 

 

子供を理屈で説得するのは難しいですが、、、

 

ご質問者様自身がよく分からないままでは
なおさら説得が難しいかもしれません。

 

 

3食バランスよく食べるメリットについて
ここで簡単にまとめておきますので、
お子さんにうまく説明してあげてくださいね。

 

 

なぜ「1日3食」がいいのか?

 

まず知っておいていただきたいこととして、
人間のカラダの「能力」という意味で、
1回の食事で吸収できる栄養には限界があります。

 

1日に必要な栄養を100とすると、
1回の食事だけで100を吸収することは
できないということです。

 

 

イメージとしては、1回の食事で吸収できる
栄養はせいぜい30〜50とかしかなくて、、、

 

3食に分けて、朝30、昼30、夜40みたいな感じで
少しずつ栄養を吸収しないといけないわけです。

 

 

食事を1日1回しか食べないケース

・1回の食事で100の栄養を口に入れる

・カラダの能力として1回に吸収できるのは30〜50

・残りの50〜70は便や尿で排出される

・栄養吸収量の合計30〜50

栄養不足

 

食事を1日3食に分けて食べるケース

・朝、30の栄養を口に入れる

・30の栄養をカラダが吸収

・昼、30の栄養を口に入れる

・30の栄養をカラダが吸収

・夜、40の栄養を口に入れる

・40の栄養をカラダが吸収

・1日に必要な合計100の栄養を吸収

十分な栄養がとれる

※数字はイメージです。

 

 

さらに言えば、食べたものを胃で細かく砕いて、
腸で吸収するというサイクルには多少時間がかかりますよね。

 

その処理能力に配慮すると、朝、昼、夜の
1日3回の食事がちょうどいいということになるわけです。

 

 

なぜ「バランスのいい食事」が必要か?

 

これもカラダの栄養吸収能力の話になりますが、
1回の食事で、例えばビタミンCばかりを大量に口に入れても、
口に入れたビタミンCの全てをカラダが吸収することはできません。

 

そのときに必要な分のビタミンCを吸収したら
あとは便や尿で排出してしまいます。

 

 

そのため、一度の食事で同じ栄養素ばかりを
口に入れてもダメで、、、

 

ビタミンCだけでなく、カルシウムとか、タンパク質とか、
いろんな栄養素を少量ずつ、まんべんなく食べたほうが
いいということになるわけです。

 

 

栄養バランスの悪い食事をしたケース

・朝、ビタミンCを100口に入れる

・ビタミンCをカラダが30だけ吸収 → 残り70は便や尿で排出

・昼、カルシウムを100口に入れる

・カルシウムをカラダが30だけ吸収 → 残り70は便や尿で排出

・夜、タンパク質を100口に入れる

・タンパク質をカラダが30だけ吸収 → 残り70は便や尿で排出

・吸収量の合計:ビタミンC30、カルシウム30、タンパク質30

栄養不足

 

栄養バランスの良い食事をしたケース

・朝、ビタミンCを30、カルシウムを30、タンパク質を30口に入れる

・カラダがビタミンCを30、カルシウムを30、タンパク質を30吸収

・昼、ビタミンCを30、カルシウムを30、タンパク質を30口に入れる

・カラダがビタミンCを30、カルシウムを30、タンパク質を30吸収

・夜、ビタミンCを40、カルシウムを40、タンパク質を40口に入れる

・カラダがビタミンCを40、カルシウムを40、タンパク質を40吸収

・吸収量の合計:ビタミンC100、カルシウム100、タンパク質100

十分な栄養がとれる

※数字や栄養素はイメージです。

 

 

ちなみに・・・

 

 

お子さんに説明するということでしたら、
例えばリンゴとかみかんとか、実際の食べ物を見せながら、、、

 

「3個のリンゴを食べるとして、1回で3個食べたら・・・」
みたいな説明をすると分かりやすいかもしれないですね。