【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

食育関連の国家資格「管理栄養士」

 

 

管理栄養士は、栄養士法という法律で定められている国家資格です。栄養指導のプロとして働く場合の最高資格で、さまざまな分野で活躍できる資格です。ただし、基本的にはすでに栄養士の資格を持っている人が挑戦する資格になります。


すでに栄養士の資格をお持ちならこちら≫

 

説明・解説

備考

資格の概要

▼資格の名称・級
「管理栄養士」

 

▼資格の概要
栄養状態に特別の配慮が必要な人たちに対して、栄養指導や栄養管理をできる能力を有していることを認定する資格です。国家資格であり、管理栄養士の資格を持っていないと従事できない仕事もあります。

 

▼対象とする人
すでに栄養士の資格を持っていて、さらにキャリアアップしたいと考えている人が対象です。

 

▼メリット
管理栄養士の資格を持っていないとできない仕事にも従事できます。また、職場によっては、資格手当が出る場合もあるので、栄養士の資格を持っている方は是非挑戦したい資格です。

 

資格認定団体

厚生労働大臣

 

受験資格

・栄養士の資格を保有していること
・規定年数を超える実務経験があること

▼詳細については、厚生労働省の関連ページを参照してください。

学習範囲

・社会・環境と健康
・人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
・食べ物と健康
・基礎栄養学
・応用栄養学
・栄養教育論
・臨床栄養学
・公衆栄養学
・給食経営管理論

 

資格取得
までの流れ

・すでに栄養士の資格を持っていて、、

・通信講座で学習(※約8ヶ月間)

・カリキュラム修了

・管理栄養士国家試験

▼通信講座を利用することは必須条件ではありません。

 

▼通信講座申し込みから試験までが8ヶ月以内の場合は、その次の年の試験まで、添削指導などのサポートを受けることが可能です。

費用

▼講座運営者に支払う費用
 通信講座:59,000円

 

▼資格認定者に支払う費用
 受験手数料:6,800円

 

▼合計:65,800円

 

 

 

 

 

※資料はもちろん無料です。
※無理やり入会させられることはありません。
※資料を見るだけでも勉強になりますよ!