【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

オススメの食育資格「国際薬膳食育師」

 

総合評価:84点

 

国際薬膳食育師は、日本型薬膳「和漢膳」の基本的な考え方を理解し、実践することができる人材であることを示す資格です。

 

こんな人にオススメ!
  • 日常生活で役立つ資格が欲しい人
  • 初心者レベルから挑戦してみたい人
  • 家族の健康に役立つ資格が欲しい人
  • 医療・福祉業界で働いている人
  • あまり費用をかけたくない人

 

 

 

 

点数

評価・解説

初心者対応

20点/20点

国際薬膳食育師の資格は、初心者レベルの3級から、プロレベルの特級師範まであります。初心者レベルから学んでいくことで、無理なく薬膳をマスターできます。

人気

12点/20点

薬膳に特化した資格なので、誰にでもおすすめというわけではありませんが、薬膳はとても健康にいいので、薬膳の考え方を一度学んでおくと一生役に立ちます。

実践・応用

20点/20点

具体的な薬膳レシピをいろいろ学べるので、毎日の食生活にどんどん応用していくことができます。学んだことを実践していけば、スキルアップにつながります。

就職・転職

12点/20点

やや特殊な資格ですし、就職・転職に直結する資格というわけではありません。日常生活に活用して、健康的な食生活を目指してください。

費用

20点/20点

3級は資格認定料が無料なので、通信講座費用の3万円程度だけで取得できます。他の食育資格と比較して、かなりリーズナブルだと思います。

 

 

 

 

説明・解説

備考

資格の概要

▼資格の名称・級
「国際薬膳食育師3級」

 

▼資格の概要
薬膳の基礎知識を習得していることを認定する資格です。さらに上位の資格にも挑戦すれば、薬膳料理のメニューを自分で作れるようにもなります。

 

▼対象とする人
健康的な薬膳料理を、日々の食生活に取り入れたいと考えている人ならだれでも挑戦できます。

 

▼メリット
体質や体の症状に合わせた薬膳料理が分かるようになるため、家族に健康的な薬膳料理を食べさせることができます。

▼薬膳料理は難しいというイメージがありますが、通信講座で段階的に学べば、無理なく薬膳の基礎が身につきます。

資格認定団体

一般社団法人国際薬膳食育学会

 

受験資格

・受験資格は特にありません。
・指定の通信講座のカリキュラムを修了した後に、認定試験を受ける流れになります。

 

学習範囲

・和漢膳の基礎理論
・和漢膳の料理メニューを理解

 

資格取得
までの流れ

・通信講座で学習(※約6ヶ月間)

・カリキュラム修了

・修了試験(※筆記試験)

・資格認定「国際薬膳食育師3級」

▼通信講座では3級を取得できます。
▼3級取得後は、2級、1級、特級師範へとステップアップが可能です。

費用

▼講座運営者に支払う費用
 通信講座:32,000円

 

▼資格認定者に支払う費用
 資格認定料:0円(※3級は無料)

 

▼合計:32,000円

 

 

 

 

 

※資料はもちろん無料です。
※無理やり入会させられることはありません。
※資料を見るだけでも勉強になりますよ!