【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

オススメの食育資格「介護食アドバイザー」

 

総合評価:88点

 

介護食アドバイザーは、高齢者の心理・病気・栄養学を正しく理解し、実践できる人材であることを示す資格です。福祉・介護の現場で役に立ちます。

 

こんな人にオススメ!
  • 医療・福祉業界で働いている人
  • 家族を介護する予定がある人
  • 初心者レベルから挑戦してみたい人
  • 日常生活で役立つ資格が欲しい人
  • 就職・転職で役立つ資格が欲しい人

 

 

 

 

点数

評価・解説

初心者対応

20点/20点

介護食について全く予備知識のない方でも問題ありません。分かりやすいテキストとDVDで、基礎の基礎から学ぶことができます。

人気

16点/20点

介護食に限定した資格なので、だれにでも実用性があるわけではありません。福祉介護業界で働いている方や、自宅で介護を行っている方におすすめです。

実践・応用

16点/20点

介護食の具体的なレシピなども学べますし、なぜそのレシピが高齢者にいいのか、理論的に学ぶことができます。とても実践的で役立つ資格です。

就職・転職

20点/20点

福祉・介護の現場で働きたいと思っている方にとっては、かなりアピール度の高い資格です。ワンランク上のサービスを提供できる人材であることを示すことができます。

費用

16点/20点

通信講座費用と受験料を合わせて5万円以内で取得できます。他の食育資格と比較しても同等の費用です。興味がある方はぜひ挑戦してください。

 

 

 

 

説明・解説

備考

資格の概要

▼資格の名称・級
「介護食アドバイザー」

 

▼資格の概要
高齢者心理、栄養学、病気、介護食に関する基礎知識、食材に関する基礎知識などを習得していることを認定する資格です。

 

▼対象とする人
・介護、医療、福祉関係
・日常的に介護をしている方
・今後、家族を介護する予定の方

 

▼メリット
介護、医療、福祉関係の現場で、専門知識を持つことを示せるため、相手から信頼してもらえます。

▼知識・経験のない初心者にもオススメの資格です。

資格認定団体

一般財団法人日本能力開発推進協会
通称「JADP」

 

受験資格

・受験資格は特にありません。
・指定の通信講座のカリキュラムを修了した後に、認定試験を受ける流れになります。

 

学習範囲

・高齢者の心理
・栄養学の基礎知識
・介護食の基礎知識
・高齢期の病気と食生活
・さまざまな食材についての基礎知識

▼介護食に関連する知識を学びます。

資格取得
までの流れ

・通信講座で学習(※約4ヶ月間)

・カリキュラム修了の認定(※受験資格)

・資格試験を受験(※随時、在宅試験)

・資格認定「介護食アドバイザー」

 

費用

▼講座運営者に支払う費用
 通信講座:49,680円

 

▼資格認定者に支払う費用
 受験料:3,600円

 

▼合計:53,280円

 

 

 

 

 

※資料はもちろん無料です。
※無理やり入会させられることはありません。
※資料を見るだけでも勉強になりますよ!