【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

オススメの食育資格「フードコーディネーター」

 

総合評価:80点

 

フードコーディネーターは、フードビジネスのプロデュースやマネジメントができる人材であることを認定する資格です。

 

こんな人にオススメ!
  • 飲食業界で働いている人
  • 日常生活で役立つ資格が欲しい人
  • 家族の健康に役立つ資格が欲しい人
  • ワンランク上の資格が欲しい人
  • 就職・転職で役立つ資格が欲しい人

 

 

 

 

点数

評価・解説

初心者対応

16点/20点

通学講座ですので、プロの食育講師による、ていねいなサポートを受けることができます。ただし、多少の予備知識があった方が、効率的に学べると思います。

人気

16点/20点

費用が高額ですので、誰でも気軽に挑戦する資格ではありません。ただし、プロを目指している方にとっては、挑戦してみる価値が高いです。

実践・応用

20点/20点

1年間かけてビジネスに応用できる実践的なスキルをみっちり学んでいきます。資格取得後には、即戦力として活躍できるレベルになります。

就職・転職

20点/20点

1年間で2級まで取得するカリキュラムになっています。2級はプロのアシスタントが務まるレベルですし、就職・転職でかなり役に立ちます。

費用

8点/20点

本気でプロを目指している人が対象ですので、他の通信講座などと比較するとやや高額です。ただし、費用対効果は高いので挑戦する価値は十分にあります。

 

 

 

 

説明・解説

備考

資格の概要

▼資格の名称・級
「フードコーディネーター」

 

▼資格の概要
食についての幅広い知識はもちろん、マーケティング・マネージメントの知識、スタイリングセンス、ビジネスマインドなど、レベルの高いスキルを有していることを認定する資格です。

 

▼対象とする人
将来的に、食のプロとして活動したいと思っている方にオススメです。

 

▼メリット
「フードコーディネーター」を名乗って、テレビや雑誌などのメディア関係のお仕事や、飲食店のプロデューサーなど、幅広く活躍することができます。

▼基礎〜上級レベル

 

▼最近では、栄養士などの有資格者が受検するケースも増えている注目資格です。

資格認定団体

NPO法人日本フードコーディネーター協会
通称「FCAJ」

 

受験資格

・フードコーディネーター3級は、18歳以上ならだれでも受験できます。
・フードコーディネーター2級は、3級の資格保有者のみが受験可能です。

▼もし、独学で自信があるなら、通学講座を受講する必要はありません。

学習範囲

・食についての幅広い知識
・マーケティングの知識
・マネージメントの知識
・スタイリングのセンス
・ビジネスマインド
・健康と安全への配慮

 

資格取得
までの流れ

・通学講座でカリキュラムを受講
 講義120分×41回(※約1年間)

・全カリキュラム修了

・認定試験

・資格認定「フードコーディネーター」

▼「通学講座」です。(※通信講座ではありません。)

 

▼現役のプロ講師から直接指導が受けられます。

 

▼講義25%、実習75%の実践的な講座です。

費用

▼講座運営者に支払う費用
 入学金:30,000円(税抜)
 受講料:400,000円(税抜)

 

▼資格認定者に支払う費用
・フードコーディネーター3級
 受験料:11,000円
 認定証発行:21,000円
・フードコーディネーター2級
 受験料(1次試験):10,000円
 受験料(2次試験):14,000円
 認定証発行:20,000円

 

▼合計
・3級まで:462,000円
・2級まで:506,000円

▼1年間で3級と2級の取得を目指します。2級でプロのアシスタントが務まるレベルです。(※1級はプロのフードコーディネーターとして第一線で活躍できるレベルです。)

 

▼講座の開講時期、開講場所については、資料請求ページから最新情報をご確認ください。

 

 

 

 

※資料はもちろん無料です。
※無理やり入会させられることはありません。
※資料を見るだけでも勉強になりますよ!