【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

食育資格が扱うテーマ「食事の衛生管理」

 

「ノロウイルス」や「O-157」などの
食中毒が、毎年のように流行しています。

 

 

これらに感染すると、数時間〜数日の
潜伏期間の後、激しい下痢や腹痛の
症状が現れます。

 

また、お年寄りや小さい子供の場合は、
命を落とすこともあり大問題です。

 

 

これらの感染経路は、、、

 

多くの場合、食品についた病原菌を、
口から取り入れる「経口感染」です。

 

 

つまり・・・

 

 

調理や食事の際に、、、

 

衛生管理を徹底することが、
とても重要だということです。

 

 

食中毒の原因物質

 

 

食中毒を引き起こす原因物質は、
大きく分類すると4つあります。

 

 

食中毒を引き起こす原因物質
  • 細菌・・・サルモネラ菌、カンピロバクター、O-157など
  • ウイルス・・・ノロウイルス、ロタウイルスなど
  • 自然毒・・・毒キノコ、フグ、トリカブトなど
  • 化学物質・・・防腐剤、着色料、漂白剤、殺虫剤など

 

 

食中毒を防ぐためには、、、

 

原因となる細菌やウイルスを、
「つけない」、「増やさない」、「殺す」
ことが重要になります。

 

 

ちなみに・・・

 

 

食中毒は、夏場の暑い時期に発生
しやすいイメージがありますが、、、

 

実際には一年を通じて発生しており、
いつでも油断は禁物です。

 

 

食中毒を防止するための注意点

 

 

食事や調理の際に気をつけるべき
具体的なポイントをまとめておきます。

 

 

具体的な注意点

食品を購入するとき

  • 賞味期限・消費期限を確認
  • 肉や魚は変色していないか確認
  • 肉や魚はそれぞれビニールに入れる
  • 肉や魚はできれば保冷剤をつけてもらう
  • 肉や魚はなるべく買い物の最後に買う
  • 肉や魚は寄り道しないでなるべく早く持ち帰る

食材を家庭で
保存するとき

  • 生鮮食品はすぐに冷蔵庫・冷凍庫にしまう
  • 冷蔵庫の中はいっぱい入れすぎない
  • 肉や魚は汁もれに注意(※ビニール袋、密閉容器)
  • 停電中は扉を開けない(※中の温度が上がるため)

食材を調理するとき

一般的注意事項
  • 調理の前には石鹸でしっかり手を洗う
  • 包丁、まな板もこまめに消毒する
  • タオル、ふきんは清潔なものを用意する
  • ビニールなどのゴミはこまめに捨てる
  • 台所全体を清潔にしておく
下ごしらえ
  • 冷凍食品の解凍は冷蔵庫で行う
  • 肉・魚などは他の食材の近くに置かない
  • 肉・魚を切った包丁は熱湯などですぐに消毒する
  • 生の肉・魚・卵などを触った後は手を洗う
  • 野菜などの生食用の食材はよく洗う
調理中
  • 加熱が必要な食材はしっかり加熱する
  • 電子レンジを使うときは均一に加熱されたか確認
  • 調理を途中で中断するときは冷蔵庫に入れる

食事するとき

  • 食事の前には石鹸でしっかり手を洗う
  • 調理後の食品はすぐに食べる
  • 清潔な食器に盛り付ける
  • 床に落ちたものは食べない

食事が余ったとき

  • 作業前に必ず手を石鹸でしっかり洗う
  • 清潔な容器に小分けにして入れる
  • 清潔な箸などを使って容器に入れる
  • なるべく早く冷蔵庫に入れる
  • 温めなおすときは十分に加熱する
  • 時間がたったものは迷わず捨てる

 

 

食材を加熱するときは、、、

 

細菌やウイルスがきちんと死滅するように
加熱することが大切です。

 

 

食中毒を防ぐための加熱条件
  • 細菌・・・食材の中心温度で75℃を1分以上が目安
  • ウイルス・・・食材の中心温度で85℃を1分以上が目安

 

 

食育の資格を取得すると、、、

 

食品の衛生管理などにも
とても詳しくなることができます。

 

 

食育資格は、家族の健康管理に
とても役立ちますし、、、

 

食品関連の企業への就職などでも、
専門知識がアピールポイントになります。