【食育資格のすすめ】食育の基礎知識と資格の活用法を教えます!

食育資格が扱うテーマ記事一覧

スーパーに行けば、いろんな食材がところ狭しと並んでいます。また、コンビニに行けば、いろんな種類のお弁当や、お菓子などが、たくさん売られています。「どの食材を選べばいいのかな?」「どの料理を選べばいいのかな?」食育資格の取得者には、、、どの食材や料理を選べばよいかを、専門家として、他人にアドバイスできることが求められます。栄養バランスのとれた食事食事というのは、ただ単に、お腹の中に食べ物を詰め込むこ...

食材を買ってきたら、、、次に、それらの食材を使って、調理しないといけません。しかし・・・食べるのは大好きだけど、、、作るのは好きじゃないって方が、けっこう多いと思います。料理をつくるのが好きじゃない理由おいしい料理の作り方が分からない毎日、一生懸命作るのがめんどくさい後片付けがめんどくさいそんな、料理があまり好きじゃない人にも、食育資格の取得をオススメします。食べておいしい食事の作り方食育資格を取...

「ノロウイルス」や「O-157」などの食中毒が、毎年のように流行しています。これらに感染すると、数時間〜数日の潜伏期間の後、激しい下痢や腹痛の症状が現れます。また、お年寄りや小さい子供の場合は、命を落とすこともあり大問題です。これらの感染経路は、、、多くの場合、食品についた病原菌を、口から取り入れる「経口感染」です。つまり・・・調理や食事の際に、、、衛生管理を徹底することが、とても重要だということ...

昨日何を食べたか思い出してみてください。「朝ごはんは何を食べましたか?」「昼ごはんは何を食べましたか?」「夕ごはんは何を食べましたか?」できれば・・・一週間程度、、、食べた料理を全て、メモしてみることをオススメします。すると、自分の食生活の改善点が見えてくるはずです。朝・昼・晩の3食をきちんと食べましょう!特に若い世代の人に、、、朝食を抜いて、一日二食だけしか食べない人が増えています。若い人が朝食...

毎日、食事ができるというのは、本当に幸せなことです。食事をするときには、、、「いただきます!」と言って、感謝しながら食べましょう。貴重な命をいただいている!料理には、肉・魚・野菜などの食材が使われています。食材などという呼び方をすると、単なる無機質な物質のイメージを持ってしまいますが、、、牛さんも、豚さんも、野菜なども、「命」があって、生きていました。そんな彼らの貴重な命を、私たちが生きるために、...

気心の知れた人といっしょに、、、会話を楽しみながら食べる食事は、とってもおいしく感じます。おいしい料理をゆっくり味わって、楽しい会話で大笑いすれば、、、ストレス発散になりますし、心もカラダもどんどん元気になります。ひとりで食べる食事もいいですが、、、できれば、誰かを誘って、いっしょに食べる習慣を持つといいですね。食を通じて人間関係を深める!会社勤めをしていると、、、歓迎会とか、送別会とか、ことある...

バランスのよい食事は、健康づくりの基本中の基本です。しかし・・・多くの人が、ただ単に空腹を満たすことしか考えず、、、健康管理という意識を持たないまま食事をしているのが現状です。その証拠に、周囲を見回すと、太りすぎた人がたくさんいますし、、、病院には成人病で苦しむ人がたくさんいらっしゃいます。健康を考えた食事を習慣づけていれば、もしかしたら防げたかもしれません。だからこそ・・・食育について学び、、、...

お腹が減ってくると、、、イライラしたり、集中力がなくなったりすることがあると思います。これは・・・食事が、心のあり方に影響を与えることを示す一例です。栄養バランスと心の健康「健全な精神は健全な肉体に宿る」ということわざがありますが、、、栄養バランスに配慮した食事をとって、健康的なカラダづくりをすることで、心もスッキリするというのは事実です。逆に・・・身体に何らかの不調があると、気分が落ち込んだり、...

日本は地震、台風、などなど災害が頻発する国です。だからこそ・・・日頃から、災害に備えた準備をしておくことが大切です。いざというときに、食事がなければ、気力も体力も、もたないからです。いざというときのために準備しておきたいこと最低限の食材を備蓄しておく最低限の飲料水を備蓄しておく限られた食材でもおいしく料理できる技術を身に付ける限られた資機材でも料理できる技術を身に付ける3日分程度の食材と飲料水を備...

食事が私たちの食卓に並ぶまでには、いろいろな人たちが関わっています。それらの工程について、見識を深めることは、食について学ぶうえで、とても有意義なことです。生産から食卓までの流れ・農場、漁場、畜産場↓・市場・食品加工場↓・食料品店↓・家庭、飲食店、学校、職場など↓・台所、調理場↓・食卓食の背景について考えてみましょう!生産の現場など、実際に経験してみるのも、とても有意義なことです。例えば・・・農業...